背中と腹筋バキバキ!究極の懸垂のやり方

懸垂はトレーニングにおいて運動強度がとても高いトレーニングです。さらに懸垂を正しいやり方で行うとなるとほとんどの人ができません。今回はほとんどの人ができない懸垂をいとも簡単に行い超人的な動きをしている背中と腹筋がバキバキの人を紹介します。

背中,腹筋バキバキ!凄い懸垂のやり方

今回は腹筋や背中の筋肉が超人的なすごい懸垂をしている人達を紹介していきます。

懸垂のやり方は正しいフォームで行うととても難しいです。

さらに基本的なやり方の懸垂をさらに発展させると世界でもほとんどの人ができません。

今回はそのような簡単にはマネできないすごい懸垂をまとめてみました。

筋トレが大好きな人や懸垂が簡単にできる人は是非マネしてください。

もしこの懸垂ができたら美しい身体が手に入ります。

是非参考にしてみて下さい。

背中腹筋バキバキ!すごい懸垂動画

誰にもマネできない懸垂


こちらは誰にもマネできないような懸垂を紹介しています。

まるで空中で踊っているかのような躍動感のある動きをしています。

なによりも驚くべきことはまわりのオーディエンスです。

筋トレのパフォーマンスだけで観客ができる人は世界でもなかなかいません。

これだけすごい懸垂ができるので背中や腹筋だけではなく相当な体幹力がある証拠です。

他のすごい筋トレの動画を見たい方はこちらの記事も合わせて確認下さい。

【こちらもCHECK】筋トレに関連するおすすめ記事はこちら
この筋トレは誰にもマネできない!胸・肩・背中などのすごいトレーニング

ストリートワークアウトの王様


こちらはストリートワークアウトの懸垂の動画です。

まるで体操選手のような懸垂は圧巻です。

まるで懸垂をしながら踊っているようです。

こちらの動画はフリーラン(パルクーレ)の人達の動画です。

こちらのやり方もまた誰しもが同じ動きをできるわけではありません。

またここまでのパフォーマンスをするには柔軟性も大切です。

柔軟性に関する動画はこちらの記事を参考にしてください。

【こちらもCHECK】に柔軟性関連するおすすめ記事はこちら

脚が開かない人必見!究極の開脚ストレッチ動画!

ロシアの怪物?神の領域

こちらはロシア人の方の懸垂の動画です。

こちらのロシア人はまるでボディービルの選手のような肉体で簡単に懸垂をこなします。

また柱につかまったまま横向きで保つというあり得ない動きも懸垂の他にもしています。

この動画を見ると人間の体には限界がないことがわかります。

目標は高いほうがモチベーションが上がります。

懸垂が好きな方はこちらの動画のように是非様々な動きにチャレンジしていきましょう。

芸能人も負けてない!有名人の懸垂

k-1世界王者武尊選手の懸垂


こちらはk-1チャンピオンの武尊選手のトレーニング動画です。

武尊選手は身体能力の高さも評価されています。

なかでも圧巻なのが武尊選手の懸垂のトレーニングです。

懸垂時の背中の筋肉がすごいです。

さらに腹筋もバキバキなので身体つきを見ただけでも身体能力の高さがわかります。

また武尊選手が所属しているジムを知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【こちらもCHECK】にジム関連するおすすめ記事はこちら
ダイエットの為にキックボクシングのジムに通おう!東京のキックボクシングジム15選

大物アーティストGACKTの懸垂


こちらの動画は有名アーティストのGACKTの筋トレ動画です。

歌手でここまで身軽に懸垂ができるのはGACKTだけです。

しかも肉体を見ると背中や腹筋の筋肉がすごいことが服の上からでもよくわかります。

GACKTの筋トレの中でも圧巻なのが懸垂の種類です。

通常の懸垂の他にも様々な種類の懸垂のワークアウトをこなしています。

筋トレ好きなかたは一つでもマネしてみましょう。

筋肉系ユーチューバーの懸垂90回

こちらは筋肉系ユーチューバーの懸垂動画です。

こちらの動画で圧巻なのが懸垂を正しいやり方のまま90回もこなしてしまうことです。

通常懸垂は正しいやり方ですると1回でも難しいです。

それを連続90回もしてしまうのは日本でできる人は中々いません。

またこちらの方は腹筋の割れ方もすごいです。

彼の腹筋をバキバキなことと同じぐらい有名なのがアブローラーを使ったトレーニングです。

彼のアブローラーのトレーニングはこちらの記事を参考にして下さい。

【こちらもCHECK】に関連するおすすめ記事はこちら

これがアブローラーの究極効果!アブローラーのおすすめ動画

まとめ

今回は懸垂のすごいやり方を紹介していきました。

やはりすごい懸垂する人達の背中や腹筋は皆バキバキです。

正しい懸垂をするためにはそれだけ強い筋力が必要になっていくことがよくわかります。

最初は是非基本的な正しい懸垂をマスターしましょう。

そして正しい懸垂ができるようになったら様々な動きの懸垂をチャレンジしましょう。

そうすることで素晴らしい肉体が手に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です