筋トレから腰痛を治しましょう!腰痛を治す筋トレ方法!

筋トレをすることで腰痛を治すことが可能になります。日ごろの運動不足で腰痛になる場合がよくあります。近年はデスクワークなどで身体を動かさないで過ごす方が急増中です。今回は腰痛によい正しい筋トレ方法を紹介していきます。是非この記事を参考にして下さい。

腰痛こそ筋トレをするべきメリットとは?


腰痛こそ筋トレはをするメリットとは、将来的なヘルニアなどのケガの対策になります。

身体を動かさないと筋肉が固まり腰痛の原因になります。

またただやみくもに筋トレをしても腰痛になってしまう原因になってしまいます。

今回は正しい筋トレ方法を紹介していきます。

是非この記事を参考にして腰痛を解消していきましょう。

今回紹介する筋トレはご自宅でもお気軽にできる筋トレになります。

腰痛対策の筋トレで大切な3個のポイント

ポイント① 腰を丸めると痛い人用の筋トレ


腰を丸めると腰痛になってしまう人はこのまま悪化すると椎間板ヘルニアになる可能性が高いです。

ここで注意して頂きたいのが過度に腰を丸めてしまうと余計に痛めてしまう場合があります。

ですので、腰を反らすような筋トレ、もしくは腰をそこまで丸めないで筋トレをすることをおすすめします。

今回は腰を丸めると痛い人におすすめの筋トレも紹介していきます。

また腰痛の仕組みについて知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

【こちらもCHECK】に腰痛関連するおすすめ記事はこちら
腰痛治し方はどうすれば良いか?腰痛対策のおすすめのストレッチ法

ポイント② 腰を反らすと痛い人用の筋トレ


腰を反らすと痛い方の場合は脊柱管狭窄症になってしまう可能性が高いです。

主に反り腰の姿勢の方にこの痛みは起こしやすいです。

腰を反らすと痛い方におすすめの筋トレの方法としては腰を丸めるような筋トレをすることです。

腰を過度に反らす筋トレをすると余計腰を痛めてしまう場合があります。

今回は腰を反らすと痛い方におすすめの筋トレを紹介していきます。

また腰を反らすと痛い方はこちらの記事も合わせて参考にして下さい。

【こちらもCHECK】腰痛に関連するおすすめ記事はこちら
おすすめの腰ストレッチをご紹介!寝ながらでもお気軽にできる腰ストレッチ方法

ポイント③ デスクワークが多く腰が張ってしまう人


デスクワークなど座りがちなライフスタイルの方は腰が張ることが多いです。

原因は運動不足から張ってしまう場合が多いです。

長時間同じ動きをしていると身体が固まってしまい腰が張ってしまいます。

この状態でいくらマッサージや整体に行っても改善するのは難しいです。

このような方はまずは軽いストレッチ運動からでもよいので身体を動かすことから始めましょう。

今回は運動が苦手な方でもできる簡単な筋トレ法も紹介していきます。

腰痛対策の筋トレランキングTOP5

5位2分でできる腰痛解消簡単筋トレ

こちらは2分でできる簡単な筋トレ方法を紹介しています。

主に胸とお尻を中心とした簡単な筋トレ方法です。

一見胸とお尻などは腰と関係ないように感じますが腰痛対策の筋トレに非常に重要な要素になります。

なぜなら脚や胸背中などの筋肉が固まってしまい腰を引っ張ってしまうからです。

また腰を過度に動かさないことで筋トレ中に腰を痛めてしまうリスクを軽減していきます。

安全に尚且つ全身を動かして腰の痛みを軽減させてくれます。

皆様も是非毎日やってみましょう。

 

こんな方におすすめ

  • 運動不足な方
  • 姿勢が悪い方
  • 猫背な方

4位椎間板ヘルニア腰痛治療^~腹筋、背筋~

こちらは椎間板ヘルニアの方におすすめの筋トレ方法です。

椎間板ヘルニアで注意していただきたいのが過度に腰を丸めてしまうと痛めてしまいます。

そうすることで腰を痛めないで筋トレが可能になります。

こちらの筋トレで大切なことは背中とお腹を常に地面にくっつけて筋トレをすることです。

背中やお腹をくっつけると腰を過度に丸まることはまずありません。

このように正しい筋トレをしたら腰痛の改善につながります。

是非試してください。

こんな方におすすめ

  • 椎間板ヘルニアの方
  • 腹筋が弱い方
  • 呼吸が浅い方

3位腰痛改善ストレッチ


こちらは腰痛対策のストレッチよりの動画になっています。

ストレッチは実は軽い運動になっています。

ストレッチはマッサージと運動の間といわれています。

ですので運動が苦手な方などはストレッチから始めるのが大切です。

運動初心者におすすめです。

最初はストレッチから初めて徐々に激しい運動に変えていくと最も効率よく腰痛が改善されます。

こんな方におすすめ

  • 運動が苦手な方
  • 運動不足な方
  • 自宅で気軽に対策したい方

2位背中とお尻を鍛える体幹トレーニング


こちらはそもそも腰を痛めないように筋トレをする方法です。

筋トレをしたいけど腰を痛めそうで怖い方におすすめです。

こちらは体幹トレーニングの動画になります。

また体幹を鍛えることで正しい姿勢をとれるようになります。

つまり身体の負担が少なくなるような姿勢をコントロールすることができます。

是非体幹から腰痛にならないように筋トレしましょう。

こんな方におすすめ

  • 体幹を鍛えたい方
  • 姿勢が悪い方
  • 運動不足な方

1位自重デットリフト

自重のデッドリフトはご高齢の方にも簡単にできる筋トレ方法になります。

自重のデットリフトは腰を痛める全ての原因になっている筋肉に刺激を与えてくれます。

さらに自重で筋トレをすることから安全に筋トレをすることが可能になります。

こちらの動画は正しいデットリフトの方法を解説しています。

是非この動画を参考にして腰痛を改善していきましょう。

そうすることで快適な生活を送れます。

こんな方におすすめ

  • ご高齢の方
  • 運動初心者の方
  • 運動不足の方

腰痛対策の筋トレの3個の注意点

①正しいフォームで


腰痛対策の筋トレとしては正しいフォームですることが最も大切です。

いくら腰痛対策の筋トレをしても間違ったフォームで動かすと腰を痛めてしまう場合があります。

それだけ腰はデリケートなものです。

今回の記事は正しいフォームを細かく解説しています。

ですのでしっかり解説を聞きましょう。

そうすることで安全に改善することができます。

②無理をしない


腰痛対策の筋トレとしては無理をしすぎないことです。

あまりにやりすぎると身体を支える筋肉が疲弊してしまい腰のバランスがとれなくなります。

そうするとフォームが崩れてしまい腰を痛めてしまいます。

ですので適度に筋トレをするとより安全に腰痛を改善することができます。

何事も適度にすることが非常に大切です。

しかし、あまりに軽くやりすぎても意味がないので調節が大事です。

③継続する


腰痛対策の筋トレは継続することが大切です。

3日坊主だとなんの意味もありません。

筋トレの効果は基本3か月で現れると言われています。

ですので最低でも3か月は毎日継続して行ってください。

そうするとあなた自身の身体も変わっていき腰痛対策にうってつけです。

しっかり筋トレをして歯を磨くようにして習慣化していきましょう。

まとめ

今回は腰痛の対策の筋トレを紹介していきました。

正しいフォームで行えば腰痛の改善を促してくれます。

さらに適度な回数もこなすが大事です。

そしてなにより継続をしなければ何の意味もありません。

腰痛対策の筋トレを是非習慣化しましょう。

そうすることで腰が痛くなく快適な生活を送れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です