産後の骨盤の状態は開きっぱなしで良くない?産後のおすすめストレッチをご紹介

産後の骨盤の状態は常に開きっぱなしです。骨盤が開きっぱなしだと姿勢が悪くなったり、お尻が大きく見えて垂れてしまいます。しかし、この骨盤の状態はストレッチで解消されます。今回は産後におすすめのストレッチを紹介していきます。是非この記事を参考にしてください。

産後は骨盤が開きっぱなし?


赤ちゃんが生まれた時は常に骨盤が開きます。

そのままほっておくと骨盤が開いたまま戻らなくなります。

戻らなくなる前に早めにストレッチなどの身体のケアをして骨盤を元に戻す必要があります。

今回は産後によいストレッチを紹介していきます。

産後の女性の方は是非この記事を参考にして正しい姿勢に戻しましょう。

そうすることでたくさんのメリットがあります。

産後の骨盤を放置すると起こりうる3つのこと

ポイント① お尻がでかくなる

産後の骨盤をそのまま放置してしまうとお尻が大きくなってしまいます。

そのまま大きくなると言っても垂れてお尻が大きくなるので不格好です。

ですので産後すぐに骨盤を元の位置に戻す必要があります。

今回は産後に良い骨盤を元の位置に戻す正しいストレッチ法を紹介していきます。

今回紹介するストレッチはどなたでも簡単にストレッチができるものです。

是非子育ての合間に行いましょう。

ポイント② 姿勢が悪くなる


産後の骨盤を放置すると姿勢が悪くなります。

産後の骨盤の状態は過度に前傾した状態です。

そうすることで身体がへっぴり腰のような姿勢になってしまいます。

最悪身体が九の字になったまま固まる恐れがあります。

またへっぴり腰についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

【こちらもCHECK】へっぴり腰に関連するおすすめ記事はこちら
へっぴり腰はかっこ悪い!美しい姿勢に治す方法!

ポイント③ むくみやすい

産後の骨盤を放っておくと足がむくみやすくなります。

産後は骨盤が固まってしまいます。

骨盤が固まってしまうということはお尻周りの筋肉が固まります。

お尻の筋肉が固いと血流が悪くなり足がむくんでしまいます。

今回は骨盤を正しく修正したら足がむくまなくなるので是非今回の記事を参考にしてください。

骨盤が修正すると同時に足がむくまなくなります。

産後のストレッチランキングTOP5

ここからは産後によいストレッチを紹介していきます。

5位産後の骨盤引き締めストレッチ寝る版

こちらは産後によい骨盤を引き締めるストレッチの寝た時にする版になります。

やり方としては仰向けになって寝て太ももを片足ずつリズミカルに伸ばしましょう。

その後両方の太ももを同時に伸ばすというやり方です。

このストレッチ法は主に太もも(大腿四頭筋)の筋肉を緩めるストレッチです。

太ももを伸ばすことによって骨盤を正しく修正してくれます。

太ももの筋肉が硬い人こそこのストレッチをしましょう。

こんな方におすすめ

  • 太ももが硬い人
  • 寝ながらストレッチをしたい方
  • 子育て中にストレッチをしたい方

4位骨盤矯正ヨガ


こちらはヨガの要素を含めた骨盤矯正をするストレッチになります。

やり方としてはまずは長座になりましょう。

そのまま片足を曲げて前屈をしましょう。

そうすことで太ももと骨盤を立たせることに役に立ちます。

産後はどうしても骨盤が寝てしまうことがあります。

骨盤を起こすために是非このストレッチをしていきましょう。

こんな方におすすめ

  • 太ももが固い方
  • 骨盤が寝てしまう方
  • 座りながらストレッチをしたい方

3位産後の骨盤矯正ストレッチ座る版


こちらは座りながらできる産後の骨盤矯正ストレッチになります。

やり方としてはまずは体育座りのように膝を立てましょう。

その後膝を交互に床につけましょう。

そうすることで太ももが伸びていきます。

こちらは身体固い方に特におすすめです。

身体が硬い人は寝たまま同様のストレッチをすることさえ困難です。

座ったままストレッチをすると身体が固い人でもストレッチが可能になります。

こんな方におすすめ

  • 太ももが固い人
  • 身体が固い方
  • 座りながらストレッチしたい方

2位足のストレッチ 妊婦体操 産後体操

こちらはマタニティーの方や産後の人におすすめのストレッチエクササイズです

まずは仰向けになって寝て膝を立てましょう。

そのまま片足をあげてそのまま足首を動かしましょう。

そうすることで骨盤を大きく動かすことができます。

妊娠中は骨盤を動かせないので固まってしまいます。

ですのでこちらのエクササイズで骨盤を動かしましょう。

こんな方におすすめ

  • 運動不足な方
  • 寝ながら身体を動かしたい方
  • 骨盤を修正したい方

1位産後ピラティス 肩こり背中すっきり母乳促進ストレッチ


こちらは産後の母乳の促進ストレッチになります。

肩や背中が固まると母乳も出ずらくなります。

ですので骨盤の他にもこちらのストレッチは大切になります。

やり方としては簡単です。

手を後ろに組んで肩甲骨を動かすようにして肩を回すだけです。

こうすることで肩と背中が効率よく緩みます。

こんな方におすすめ

  • 肩こりがある方
  • 背中が辛い方
  • 母乳を促進させたい方

産後ストレッチの3つの効果

①痩せやすくなる


産後のストレッチの3つの効果は痩せやすくなります。

産後は全身の筋肉が固まってしまい身体を上手く動かせません。

しかし、全身のストレッチをすることで固まった筋肉が緩みます。

そうすることで身体を大きく動かすことができ消費カロリーが多くなります。

産後の母乳が終わる時は特に太りやすくなります。

そのためにもまずはストレッチから始めましょう。

②美しい姿勢になる

産後のストレッチをすると美しい姿勢になります。

産後は骨盤が開いて過度に前傾してしまいます。

そうすると身体が九の字になってしまい姿勢が悪くなります。

しかし産後にしっかりとストレッチをすることで骨盤がすぐに戻り美しい姿勢になります。

やはり女性は産後でもいつまでも美しくありたいものです。

是非産後にストレッチをしましょう。

また姿勢に関することはこちらの記事を参考にしてください。

【こちらもCHECK】姿勢に関連するおすすめ記事はこちら

正しい姿勢とは何か?姿勢が悪い方必見のおすすめの改善法!正しい座り方もご紹介

③ 母乳促進


産後のストレッチは母乳の促進にもつながります。

産後は肩や背中が固まります。

肩や背中が完全に固まる前にしっかりと上半身のストレッチをしましょう。

そうすることで母乳が促進されていきます。

母乳は身体の筋肉を緩めることから見直していきましょう。

快適な産後の生活を送ることができます。

まとめ

今回は産後の骨盤を中心としてたストレッチを紹介していきました。

産後の人こそ特にデリケートなのでストレッチをする必要があります。

産後は子育てで眠れない日々が続くことが多いです。

だからこそ身体が固まりやすいので必要以上に身体をケアしていきましょう。

そうすることで美しい姿勢や母乳の促進にもつながります。

是非この記事を参考にしてストレッチをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です