ストレッチをすると驚きの効果が?ご自身でできるストレッチ方法!

今回はストレッチをするときの効果を紹介していきます。さらにどのようにストレッチをすれば良いかを目的別にできる方法をご説明していきます。この記事を参考にして是非理想的な身体を手に入れましょう。そうすれば快適な生活を送ることができます。

ストレッチをするべきメリットとは?

ストレッチをするときのメリットとしてはまずは柔軟性の向上です。

身体を柔らかくするためには毎日ストレッチを行いましょう。

身体が柔らかくなれば姿勢改善にもつながります。

さらに正しい姿勢になると身体にかかる負担が少なくなり肩こり腰痛の改善にもなります。

今回はそのようなメリットがたくさんあるストレッチの方法を紹介していきます。

是非この記事を参考にしてください。

ストレッチの3つの効果

ポイント① 姿勢改善


ストレッチをご自身でする効果とは姿勢の改善です。

姿勢が悪くなる原因としては筋肉が硬くなり骨を引っ張ってしまい姿勢が悪くなることが多いです。

ですので常にストレッチをする習慣をつけていれば筋肉が骨を引っ張らなくなります。

今回は姿勢を良くするようなストレッチ法を紹介していきます。

是非参考にしてください。

また姿勢に関することをもっと知りたい場合はこちらの記事を参考にして下さい。

【こちらもCHECK】姿勢に関連するおすすめ記事はこちら
正しい姿勢とは何か?姿勢が悪い方必見のおすすめの改善法!正しい座り方もご紹介

ポイント② 肩こり腰痛に


ご自身でストレッチをすることは肩こり腰痛の改善に効果的です。

肩こりや腰痛は筋肉が硬直して負担がかかってしまいます。

ですのでストレッチをすることで筋肉を柔らかくすると肩腰の筋肉の負担が軽くなります。

こうすることで肩こり腰痛の改善につながるのでストレッチをすることはおすすめです。

今回は肩こり腰痛によいストレッチ法を紹介していきます。

また肩こり腰痛に関することをもっと知りたい方はこちらの記事も合わせて参考にしてください。

【こちらもCHECK】肩こり腰痛に関連するおすすめ記事はこちら
筋トレから肩こりを治しましょう!肩こりを治す筋トレ方法!

筋トレから腰痛を治しましょう!腰痛を治す筋トレ方法!

ポイント③ 柔軟性に


ご自身でストレッチをすると柔軟性向上に効果的です。

柔軟性を上げるにはストレッチは必須になります。

またご自身でストレッチをするためには自身の筋肉の硬い場所を把握しているとおすすめです。

硬い場所を把握してストレッチをかけると柔軟性向上のためには効果的です。

今回は柔軟性によいストレッチの方法を紹介していきます。

また柔軟性に関することをもっとよく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【こちらもCHECK】柔軟性に関連するおすすめ記事はこちら
柔軟性向上のためのトレーニング方法!これであなたもふにゃふにゃに!

ご自身でできるストレッチランキングTOP5

5位セルフストレッチ マネして覚えるストレッチ


こちらは簡単にマネできるストレッチ動画になります。

こちらの動画の目的としては柔軟性の向上です。

やり方としては簡単です。

まずは骨盤を立てながら脚を開きましょう。

そして上体を横に倒したり前に倒したりを繰り返していきましょう。

その後は骨盤を立てたまま上体をひねったりして動画のマネをしましょう。

こんな方におすすめ

  • 柔軟性を向上させたい方
  • 開脚をしたい方
  • 骨盤を立たせたい方

4位首こり解消ヨガ


こちらはヨガのストレッチをベースとした首こりを解消させるストレッチになります。

首こりは現代の社会でも問題になっているのでこちらの動きは必須になります。

やり方としてはまずはあぐらをかきましょう。

その後頭の付け根に指をあてて上を向きましょう。

頭の付け根は風池という首こりや目の疲れに効果的です。

この方法を基本としてこの動画の動きを真似てみましょう。

こんな方におすすめ

  • 首コリがある方
  • 肩こりがある方
  • 目が疲れている方

3位肩甲骨をほぐすヨガ


こちらは肩甲骨をほぐすヨガをベースとしたストレッチ動画になります。

肩甲骨は肩こりの解消に非常に効果的です。

さらに肩甲骨の内側は褐色脂肪細胞という脂肪燃焼に効果的な細胞があります。

つまり肩甲骨を動かすこちらの方法は肩こり解消はもちろんのことダイエット効果にもつながります。

また猫背の方も肩甲骨が固まっている場合があるので肩甲骨をストレッチしたら姿勢改善にもなるので必見です。

肩甲骨のストレッチは肩こりや姿勢やダイエット効果などマルチに活躍できる方法です。

こんな方におすすめ

  • 肩こり解消に
  • 姿勢改善に
  • ダイエット効果に

2位目指せ前後開脚 骨盤矯正に効果的なヨガストレッチ

こちらは前後開脚ができるようになる骨盤矯正ストレッチの方法になります。

前後開脚ができると柔軟性はもちろんのこと姿勢改善にも効果的です。

前後開脚は骨盤を上手くコントロールするために必須の方法になります。

また骨盤を上手くコントロールすると同時に理想的な姿勢を作りやすくなります。

柔軟性と姿勢改善のためのストレッチの方法として是非試してみて下さい。

効率よくストレッチが可能になり非常に効果的です。

こんな方におすすめ

  • 前後開脚をしたい方
  • 柔軟性向上に
  • 姿勢改善に

1位歪みを整えるヨガ綺麗な姿勢を取り戻す


こちらは姿勢改善に特化したヨガをベースとしたストレッチ方法になります。

こちらの動画の動きは全て姿勢改善に効果的にな動きを凝縮しています。

こちらの動画の動きの目的は骨盤を立てることです。

骨盤を座っているときに立てられないと姿勢を改善することはできません。

ですので骨盤を上手くコントロールすると姿勢を理想的に保つことができます。

是非試してください。

こんな方におすすめ

  • 姿勢改善に
  • 骨盤を立てたい方
  • 骨盤を上手くコントロールしたい方

セルフストレッチを行うときの3つのの注意点

①継続する


セルフストレッチをするときに効果的なポイントとしては継続することです。

限界まで緩めた筋肉は7日~10日で元の状態に戻ってしまいます。

ですので元の状態に戻る前に毎日ご自身でストレッチを行ってください。

そしてストレッチをするのを習慣化しましょう。

まるでストレッチを歯を磨くように習慣化させれば柔軟性向上や姿勢の改善にもなります。

是非毎日ストレッチをしましょう。

②無理しすぎない


ご自身でストレッチをするときのポイントとしては無理しすぎないことです。

無理してストレッチをすると稀に筋繊維が傷ついてしまい筋肉が熱を持ってしまう場合があります。

この状態になると逆効果になり余計身体が固くなる場合があります。

ですのでご自身でストレッチをするときは気持がいいぐらいで止めて身体を伸ばしましょう。

この方法が効率よく身体を柔らかくするのに効果的です。

是非無理なく試してみましょう。

③お風呂あがりにおすすめ


ご自身でストレッチをする場合はお風呂あがりがおすすめの方法になります。

お風呂あがりは筋肉が温まります。

筋肉が温まった状態になると筋肉が伸びやすいです。

そのままストレッチをすると効率よく筋肉が伸びてくれて非常に効果的です。

ですのでお風呂にあがったときは必ず毎日ストレッチをしましょう。

この方法は効率よく柔軟性を手に入れる近道になります。

まとめ

今回はご自身でできるストレッチの方法を紹介していきました。

またご自身でストレッチをするときの効果も合わせてご説明しました。

是非この記事を参考にして毎日ストレッチをしましょう。

そして継続していきましょう。

そうすることで柔軟性がついて、姿勢や肩こり腰痛の改善につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です