ひょっとして背中が痛いのはストレスかも?呼吸を深くするストレッチをしていきましょう。

背中が痛いのはストレスが溜まってしまい、呼吸が浅くなってしまって激しい痛みが走ってしまう場合がありますので十分に注意が必要です。また背中の痛みはストレスのサインでもあるので、自覚がない方はぜひご自身の体の状態をチェックしてください。今回はストレッチなどの対策も紹介していきます。

背中が痛いのはストレスのサイン

背中が痛いのはストレスのサインである場合があり、その原理としては呼吸が浅くなってしまい常に背中が丸まってしまい痛みが走ってしまいます。

しかし、ストレスを自覚していないで体を壊してしまう人が非常に多いので、そのチェックとしてご自身の背中の痛みで理解しましょう。

次の章ではストレスで背中が痛くなってしまうことから、呼吸が浅くなるとどのような症状がおきてしまうのかを紹介していきます。

ストレスで背中が痛いと感じ呼吸が浅くなるとこんな症状がおきる!

自律神経の関係


ストレスがたまってしまうとまず自律神経の循環が悪くなってしまう場合があるので、背中の痛みをとるためには確認するべき項目です。

自律神経の流れが悪いと背中が丸まってしまい、どうしても痛みが走ってしまうので、十分に注意が必要なので気をつけましょう。

ですので、背中が痛いと感じたらまずは自律神経をチェックしてアロマなどで整えるようにして、十分に対策を練ってください。

老廃物が内臓系に溜まりやすい

ストレスなどから自律神経の流れが悪くなってしまうと、老廃物が内臓系に溜まってしまうので人体にさまざまな悪影響を与えてしまいます。

もちろん内臓系に老廃物が溜まってしまうと、背中が丸まってしまい痛みを感じてしまうほかにも、癌などの十分な疾患になってしまう場合があるので注意が必要です。

これから、背中が痛いと感じたときに体の老廃物をふくめてさまざまなアプローチから対策をする方法を紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

呼吸をする筋肉が動かなくなる

内臓系に老廃物が溜まると、呼吸に必要な筋肉が動かなくなり、背中が丸まってしまい痛くなってしまうので十分に注意が必要です。

呼吸をするための筋肉は内臓系の筋肉の一種であり、最悪のケースだと背中の痛みのほかにも息切れやめまいなどを引き起こしてしまう場合があります。

次の章では背中が痛い人に対しての筋肉からストレスまでサポートをするための対策を練っていきますので、ぜひ参考にしてください。

背中が痛い人の対策!呼吸を深くするストレッチ

横隔膜ストレッチ


横隔膜のストレッチは、呼吸から背中を痛くさせないためにも最適な方法であり、こちらの筋肉が伸びれば姿勢が整い体の負担を軽減させてくれます。

横隔膜が硬いと、猫背になってしまいどうしても負担がかかってしまうので、こちらのストレッチは背中が痛いと感じたら行うべき必須のストレッチ方法です。

横隔膜ストレッチの理想的な柔軟性としては、肋骨を手でわしづかみできるような状態になるとよいのでぜひ試してみてください。

胸を開いて背骨を立たせる

背中が痛い方のほとんどの人は、どうしても骨盤が寝てしまい背中が丸まってしまいますので、こちらのストレッチは有効的です。

こちらのストレッチは、胸を開かせて背骨を立たせるようなこちらの動きは呼吸の通りも良くしてくれるので、背中の痛みに対しての対策を内外からサポートすることができます。

もし普段の生活から背中が痛いと感じてしまったら、こちらのストレッチを継続して習慣づけていくととても有効的なのでぜひ試してみてください。

胸郭ストレッチ

胸郭が動かないと、呼吸がしづらくなってしまい背中がどうしても丸まってしまい痛いと感じてしまうことが多いので注意が必要です。

ここまで、背中に直接関係のないところを説明しているのは、それだけ背中の痛みは呼吸と直結しているということです。

そのためにも胸郭のストレッチをしっかりと行えれば、呼吸が楽になり姿勢も整えることができるので背中が痛いと感じたときによい対策ですので参考にしてください。

私が愛用しているストレスから背中のサポートをする商品

セロトニンサプリ




背中の痛みはストレスから猫背になってしまうので、その根本から解消するためにもこちらのセロトニンのサプリが非常におすすめです。

結局ストレスの根本を解決していくと、背中の痛みを大きく変えることができるのでそのためにもセロトニンは非常に効果的なのでぜひご利用してください。

私も実際にこちらのセロトニンのサプリをご利用してみて夜ぐっすりと寝れて朝起きたときの背中の痛みが気にならなくなりました。

使ってみた感想

  • 朝起きたときにすっきりとした
  • 夜ぐっすりと眠れて背中の痛みを気にしなくなった
  • 歩いていても背中が気にならない

ストレッチポール


ストレッチポールは背中を大きく反らすことができるので、痛いと感じたときにとても効果的なツールですのでぜひご利用してください。

私も実際に使ってみて、背中の筋肉が緩まるだけではなく、呼吸もしやすくなり姿勢を正しく整えることが楽になりました。

さらにストレッチポールは家にあっても邪魔にはならないので、朝ストレッチを習慣づけることができましたので、非常におすすめの商品です。

使ってみた感想

  • 背中を大きく反らすことができ背中のストレッチができた
  • 乗っているだけで楽になった
  • 朝ストレッチの習慣をつけられた

アロマオイル


アロマオイルはストレスと呼吸を大きく整えるためにも非常におすすめの商品で、実際に私も毎日部屋でアロマを焚いて快適な生活を送っています。

特にラベンダーなどのお花の香りは、自律神経を大きく整えることができるのでオイルのフレーバーもしっかりと選んでいきましょう。

またアロマオイルだけでは、使用しづらいのでオイルと付属してディフューザーも一緒にご利用すると、効果を上げやすいです。

使ってみた感想

  • ランベンダーなどでストレスが軽減された
  • 朝起きたときの背中の痛みが軽減された
  • 呼吸が深くなった

まとめ

今回は背中が痛いと感じたときに、ただ痛い箇所を伸ばす以外のアプローチ方法を紹介していきましたので、ぜひ参考にしてください。

背中が痛いと感じるのは、実はストレスが大きな要因があり、自律神経と老廃物の関係から呼吸が浅くなってしまう場合があります。

もしストレスの自覚などがなく、なぜか背中が痛いと感じてしまう方は、ぜひ今回の記事で自分を見つめなおしてみましょう。

【こちらもCHECK】ストレスに関連するおすすめ記事はこちら

ヨガ効果で精神が安定!ストレスが解消されダイエットに成功した期間の話

ストレスはどんな症状が起きる?イライラ解消法を紹介!

アロマテラピーの効果とは?ストレス解消に必須の商品?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です