プロが教える!ストレッチでダイエット効果を与えて痩せる方法は本当にある?

今回はプロのストレッチトレーナーが、体を伸ばすことでダイエット効果を与えることができるかどうかを細かく解説していきます。はたしてストレッチで本当に痩せることができるのかや、体を伸ばしながらダイエット効果を促す方法があるかを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ストレッチで本当にダイエット効果を上げて痩せることができるのか?

ストレッチで本当にダイエット効果を上げて痩せることができるかどうかを、ストレッチのプロが細かく解説をしていきます。

ストレッチでダイエットができるのかの答えは、関節的に痩せることができるので通常の運動や食事と組み合わせれば効果を飛躍させることが可能です。

今回はストレッチとどのような運動と食事と組み合わせればダイエット効果を上げて、痩せることができるのかを紹介していきます。

ストレッチはダイエットとどのような関係があるのか?

運動と組み合わせたら消費カロリーが上がる

ストレッチと運動を組み合わせれば、通常の運動とくらべて可動域をより広げることができるので、消費カロリーを上げることができダイエット効果を上げることができます。

例えば体が硬い人と、柔らかい人が同じ動作をしたとしても人体の可動域が大きく変わっていくので、よりダイエット効果を促すことができ痩せることが可能です。

ですので、ストレッチは運動と組み合わせるとダイエット効果を促すことができ、痩せるためには最適な方法ですのでぜひ体を伸ばしましょう。

肩甲骨を緩めて褐色脂肪細胞を促す

肩甲骨の内側には褐色脂肪細胞という、脂肪の燃焼を促すための物質が多く含まれているので、この細胞を促して運動をするとダイエット効果を上げることができます。

ですので、肩甲骨のストレッチを多くこなしてから運動をすることによって、褐色脂肪細胞がより促されてダイエット効果を上げることができる方法の一つです。

これからストレッチを利用してダイエット効果を上げたい方は肩甲骨のストレッチと運動を組み合わせて痩せるようにしていきましょう。

【こちらもCHECK】褐色脂肪細胞に関連するおすすめ記事はこちら

なぜ背中の筋トレはさまざまな効果が?女性でもダンベルを使って自宅で痩せることができる!

痩せたときのフォルムがよくなる

ストレッチをしないで体が硬いまま、運動と食事で痩せてしまった場合は、姿勢が悪くなってしまい見た目のフォルムが悪くなってしまう場合があります。

せっかく痩せることができたとしても、ものすごい猫背で美しく見えないと非常に勿体ないので美しいフォルムをダイエットの完成形にしたい方は、ストレッチをしましょう。

ストレッチと運動を組み合わせることで姿勢を正しく整えながら、スリムで見栄えがいい見た目を作り上げることが可能です。

 

ストレッチと一緒にどのような運動をすれば痩せるのか?

ヨガ




ヨガはストレッチとの組み合わせの相性は抜群で、ヨガは複雑な動きをできるようにしながらダイエット効果を上げることが可能です。

しかし、ヨガのみだけでダイエット効果を上げようとすると少しだけ不十分で、体が硬いと複雑な動きができなくなってしまい消費カロリーが低くなります。

ストレッチと一緒にヨガをすると、相乗効果になりダイエット効果をより上げることができてさらに柔軟性も向上させることができますのでぜひ組み合わせましょう。

パーソナルトレーニング



パーソナルトレーニングは主にダイエットをするために最も効率の良い手法の一つであり、ストレッチと一緒に行い体の可動域を広げることによって痩せる効果を促してくれます。

例えば、体が硬い人がスクワットをしたとしても深くしゃがむことが難しいですが、ストレッチをして柔らかくすることで深くしゃがむことができますのでダイエット効果を上げることが可能です。

もしストレッチと一緒にダイエット効果を上げたい方は、こちらのパーソナルトレーニングのジムが非常におすすめですのでぜひご利用してください。

健康的で美しい美ボディを目指すなら”BOSTY”

自宅での筋トレ

自重のトレーニングとストレッチの相性は抜群で、こちらの組み合わせの良いところは自宅でお気軽にダイエット効果を上げることができる方法です。

自重トレーニングと一緒にストレッチを組み合わせて正しく行うと、ダイエット効果はもちろんのこと、体幹トレーニングも中心に鍛えられることができるので美しくしなやかに痩せることができます。

もしこれから自重トレーニングを始めたい方は、こちらの記事もあわせて確認してみるとよりダイエット効果を上げることができます。

【こちらもCHECK】自宅の筋トレに関連するおすすめ記事はこちら

 

自重トレーニングでも限界まで追い込める?女性でもできる胸筋・腹筋のメニュー!

ストレッチと一緒にダイエット効果を高める補助食品

HMB

ダイエット効果を上げるためには、運動だけではなく効率の良い栄養の補給が非常に大切ですので、ぜひサプリメントなどにもこだわりましょう。

ダイエット効果を上げるのに近年流行っているサプリメントの一つとしては、HMBがあり筋肉を残してリバウンドしづらい体にすることができます。

HMBはアミノ酸の一種であり、近年はタンパク質から筋肉を残してリバウンドをしない体を作るだけではないので必見です。

プロテイン


ダイエット効果を上げるためには、栄養の補給の割合が7割といわれているのでプロテインは痩せるために必須の商品です。

いかにタンパク質を補給することで、運動とストレッチを頑張って行った成果をより効率よく促してくれることができます。

そのためには、ザバスのプロテインはこれからダイエットを始めたい方への王道の商品であるので、ぜひご利用してください。

クレアチン

ダイエットをするためには、運動と食事と休息の3つのバランスを整えることが非常に大切なので、体を休めるためにはクレアチンをストレッチと組み合わせて行うのがおすすめです。

クレアチンで高率よく筋肉の疲労をとってくれて、さらにストレッチを行うことで疲れをとることで、運動のモチベーションをいつまでも保つことができます。

そのためにも、こちらのクレアチンのサプリメントは、筋肉の疲労をとってモチベーションを保つために非常に高率的なのでぜひご利用してください。

ストレッチは運動と食事とセットで考えるとダイエット効果をより高めてくれる

ストレッチは本当にダイエット効果があるかどうかを検証してみた結果、運動と食事と休息の3つのバランスのツールの一つとして体を伸ばしていくとがおすすめです。

そうすることで、体の可動域がより広がることができ、同じ運動でも消費カロリーが大きく変わっていくので、ダイエットのバリエーションとしてストレッチを混ぜましょう。

そうすることで、痩せたときにも美しい姿勢を保つことができ、モデルのようなシルエットで痩せることができますので必見です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です