職場で馴染めない全ての新人さん注目!孤立する前に自分を認めよう!

仕事をするうえでどうしても職場が馴染めない場合があり、とくに新人さんは孤立早くも孤立してしまう場合があります。今回は職場の人間関係でお悩みの方は、今後どのよなモチベーションでいればよいかを細かく解説していきますので、ぜひ参考にして人生を豊かにしましょう。

職場に馴染めないのは自分の本性をさらけ出すのが怖いから

職場で馴染めない方は、まわりに溶け込もうと焦ってしまいどうしても自分の本性をさらけ出すのが怖い方がほとんどです。

とくに入社したばかりの新人さんの一定数はどのように接していいのかわからなく、孤立してしまう人もいることでしょう。

この原因は幼少期にいじめられた経験など理由は様々です。

はい!私も心当たりがあり職場でよく孤立していました。

ですので、まずは職場で馴染めない方は本当に自分をさらけ出して人とコミュニケーションをとっているかを見直してください。

職場で馴染めないと感じたら自分と向き合いましょう!

芸術家の岡本太郎さんの名言としてこのような言葉があります。

他人が笑おうが笑うまいが、自分の歌を歌えばいいんだよ。   岡本太郎

 

他人に合わせるのではない

この言葉は他人に合わせるのではなく、自分自身を大切にすることで、心を豊かに過ごせるという意味であり自分の思っていることを隠すことは負担が大きいです。

職場で馴染めない方は、どうしても他人に合わせようとすることが苦手な方が非常に多く、孤立してしまうパターンが多いことでしょう。

とくに働き始めの新人さんは、なんとかして他人に合わせようとすることに徹して、職場で浮いてしまわないようにして馴染めなくなってしまいます。

自分の心をストレートに表現するように行動する

ここで大切なのが自分の心をストレートに表現するように行動をすることが非常に大切であり、ありのままにさらけ出すと人生を楽しく過ごせます。

ときには、自分を押し殺して我慢しなければならないような場面は必ずあるでしょうが、必ず自分をさらけ出すような場所やタイミングがきっとあるはずです。

ぜひ岡本太郎さんの名言通り、職場環境で自分の歌を歌うように、少しでも自分をさらけ出すことができれば、馴染むことができて孤立をするこもありません。

自分の性格や発言で浮いてしまい他人から笑われようが、自分自身の個性をストレートに表現することが職場で馴染めない方への最大の対策です。

 

個性を捨てないと孤立して馴染めない職場の場合は?

これまでは職場で馴染めない方は、浮いてしまい孤立してしまうのを恐れないで自分自身をさらけ出していくことが大切だと解説していきました。

しかし、なかには個性を捨ててロボットのように過ごさないと怒られてしまい、どんどん孤立してまう職場もあることも事実です。

実際に私も間違ってブラック企業に就職してしまったときに、最初は自分の野心や思いをストレートに表現をしていましたがそのことで説教の毎日でした。

『お前の発言や行動でみんなが迷惑している。恥ずかしいと思わないの?』

など毎日いわれ続け次第に口数が少なくなり、最終的にロボットのように感情をなくすように徹してなにも考えられなくなりました。

このように自分を表現することができないような環境の職場だと、自身をさらけ出すことはまずできません。

自分を押し殺すことは本当に幸せ?

なかには、自分自身を押し殺して無駄なことを考えずに生きていくことが楽であり、過ごしやすい方もいることでしょう。

しかし、ブラック企業のような自分の個性を押し殺さないと生きていけないような職場で馴染めない方は、ストレスでしかありません。

はたして自分の個性を押し殺さないと生きてこれないのでしょうか。

応えはNOです。

今の時代は好きなことを表現することで収入を得られることができるので、自分自身をさらけ出すことが非常に大切です。

自分は本当に変わり者で、これまで一度も友達ができたことがなかったとしても、一人でも生活できるような仕事もたくさんあります。

例えば、エンジニアとしてプログラミングを学ぶなど、個人でも仕事をできるような環境を簡単に作ることができるようになりました。

簡単にいうと性格に難があってどうしても職場に馴染めない方は、自分自身で働きやすい環境を作ればいいのです。

 

自分自身で手に職をつけて理想的なライフスタイルを身につけたい方はこちらをどうぞ。



職場で全く馴染めない新人さん必見!孤立で自分を知ってください!

職場で全く馴染めない方は、まずはそこは自分自身をさらけ出せるような環境であるかどうかを確認してみてください。

そして、その環境がよい場所であれば、恥ずかしがらずに自分自身の色をさらけ出してみたら、案外簡単に馴染むことができます。

しかし、まるで軍隊のように自分を殺していかないと怒られてしまうような環境で馴染めない方は、逃げ出すという選択肢も恥ずかしいことではありません。

最後に今の仕事の多様化から、どのような性格の方でも馴染む環境を必ず作りだすことができますので、悩まずに自分自身の感情に素直に向き合いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です