今はADHDなど発達障害の方が工夫して仕事をすれば幸せになれる時代!特徴をプラスに活かそう!

ADHDなどの発達障害の方は見た目だと全くわからないので、誤解されることが多く仕事などで困ることが多いことでしょう。昔は働きづらかったでしょうが、ネットが普及した現在ではADHDなどの発達障害の方でも特徴を踏まえて工夫さえすれば快適に働くことができます。

ADHDなどの発達障害の方が仕事で辛くなる特徴とは

ADHDなどの発達障害の方は、見た目だけではわからないので通常の仕事現場で、他人とのコミュニケーションの場でトラブルが起きる場合が多いです。

しかも、なかなかADHDなどの発達障害を職場の人間にカミングアウトをするのも、相当の覚悟がいるので隠して仕事している方がほとんどでしょう。

隠したまま仕事をしていると、職場のまわりの理解ない方達が『仕事ができないやつ』などの心無い一言をいう可能性もあります。

ADHDなどの発達障害の方は、これまで学校生活やアルバイト生活や就職したときに辛い思いをした経験があるでしょうが、今の時代は特徴をふまえて工夫すればしっかりと働くことができます。

今回はADHDなどの発達障害の方でも快適に働ける理由を説明しつつ、工夫して仕事に成功した方の話を解説していきます。

ADHDなどの発達障害の方には働きづらい時代があったが今は違う

以前は働ける環境が限られていた

インターネットが普及する以前の時代だと、集団の力を発揮して大きな利益を得ることが主流だったため、サラリーマンが花形でした。

よって多くの方は学生時代からよい会社に入るために、たくさん勉強をすることが大切でしたが、ADHDなどの発達障害の方は同じ土俵で働くとどうしても不利です。

しかも、ADHDなどの発達障害の方の特徴を上手く受け入れてくれるような環境ではないため、上司や同僚に心無い一言をいわれる可能性も出てきます。

最悪のケースだと、自然とまわりと距離をとってしまい孤立してしまう可能性も高いので、本当に過ごしずらい社会でした。

しかし、今の時代はネットの普及から働き方が変わり、同時に労働の価値観も変わりつつあることが大きな特徴の一つです。

これから、なぜネットが普及したことで働くことの価値観が変わりつつあるかを説明し、同時にADHDなどの発達障害の方にも工夫をすればチャンスが転がっていることも具体的に解説していきます。

 

今は働ける環境が無限にある

今はネットの普及で働くあり方の具体的な違いを細かく説明していくと、技術さえ覚えたら個人でも活躍できるということです。

例えば、個人でワードプレスでブログを作ってみて長い年月をかけて取り組めば、ある程度の収益をあげることができます。

そして、プログラミングを学べば手に職がつき、自宅などでいつでもどこでも働くことが可能になってきたのもまた現代の特徴の一つです。

さらに、そのブログやプログラミングの技術を使ってすぐに収入を得たいのであれば、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使うことができます。

そう!今の時代はこのように個人でも活躍できる環境が整いつつあるので、ADHDなどの発達障害の方でもチャンスが無限に広がっている証拠です。

また、ADHDなどの発達障害の方でご自身にあったライフスタイルを模索したい場合は、まずはこちらのスクールで手に職をつけてチャンスをものにしましょう。


しかし、『私はADHDなどの発達障害だからインターネットを使って仕事をすることができない。』と悲観的になる方もいることでしょう。

安心してください。

これから、私が聞いたことのある発達障害の方で、プログラミングを覚えて個人で仕事をしている方の話をしていきますので、悲観的になる必要はありません。

そう!現代の物事を自由に表現できるこの時代は、病気だからといって全てを諦める必要がなく、逆に個性をチャンスに変えることができるのです。

あるラジオで聞いた発達障害の方の特徴を活かした仕事の成功例

 

私は以前インターネットラジオポットキャストで聞いた墓場のラジオという番組で、そのときのゲストがプログラミングの業界でフリーランスで活躍している発達障害の方でした。

その彼は人ができる当たり前のことができなく、例えばタイムカードを毎日同じ時間にきるという普通のことができません。

ここで彼の素晴らしいことは、障碍者2級の証明を習得したあとに、自分のやりたいこととできることを消去法で考えたそうです。

その結果、プログラミングに目覚めて最初は独学で1年間勉強してから、さまざまな人の出会いからフリーランスとして活躍をすることができました。

これはインターネットが普及した今だからこそできた芸当であり、インターネットが普及する以前の時代だとここまで上手くいくことはできません。

逆に考えてみて、自由に表現することが収入へとつながる今は、ADHDなどの発達障害の特徴を個性としてとらえて力に変えることができます。

例えば、有名ユーチューバーが病院で検査した結果、発達障害だったということに診断されたのですが、そのことを動画に上げて強く生きていることを証明したら多くのユーザーに共感を得ました。

このように、近年は発達障害でも仕事の面において上手く生きている方が、以前と比べて急激に増えた印象があります。

 

仕事が上手くいかない問題のポイントはほとんど人間関係

ここで問題なのが、なぜADHDなどの発達障害の方は、仕事が上手くいかないで苦しい思いをすることがあるのかというと、ずばり人間関係です。

実は職場などのストレスの多くの原因は人間関係があり、そのことがきっかけでうつ病にまで発展する方が非常に多いです。

それが、見た目では判断できないレベルの発達障害の方が同じ仕事をした場合、心無い人間がいたときに上手くいかないきっかけとなるでしょう。

それだけ人間関係は、仕事をする面でとても大切であり、ADHDなどの発達障害の方は今後どのようにして人と関わるべきなのかが大切です。

発達障害という個性を受け入れてくれる環境と、絶対の技術があればどんな方でも活躍することができ、同時に幸せに暮らすことができるでしょう。

 

今は個人が活躍する時代

ネット社会が普及した今、個人が活躍できる時代へと変わることができました、

個人が活躍できるということは、工夫次第でADHDなどの発達障害の方でもハンデでななくむしろ個性として強みにすることができることでしょう。

話は戻りますが、最初に私が視聴したインターネットラジオのゲストの発達障害の方で、

『本当にこの時代に生まれてよかった』といっていました。

これは昔の働く価値観が今より少ない時代で生きていたら、自身のできる仕事がさらに制限され、今より活躍することができなかったと捉えることができます。

本当に今の時代に生まれてよかったです。

 

ADHDなどの発達障害だからといって悲観的にならずに工夫して仕事しよう!

今回はインターネットによる仕事の多様化の影響からADHDの方でも活躍できるフィールドがいくらでもあるということを説明していきました。

もし、『私は発達障害だからもう人生は終わった』よ考えている方がいたとしたら、決して悲観的になる必要がありません。

そして、今回説明した発達障害の方でプログラマーのフリーランスになった方のようにこちらのスクールも一度確認してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です