怖いと思っても対処できる!失敗して落ち込むときに聞くべき名言!

今回は仕事や職場で失敗が怖くて落ち込んだときに、対処することができる名言を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。そして失敗の怖さを対処するための偉人たちの名言はある共通点があるので、落ち込んでいる方に対しての励みになることができます。

失敗を怖いと感じて落ち込むときあなたはどう対処する?

最初にもしあなたが大きな失敗をして、落ち込んでしまい次になにかを取り組むときに怖いと感じてしまったら、どう対処しますか。

怖い気持ちというのは、誰しもがある共通の課題であるのですが、本当に成功する方は落ち込んだときに立ち直るのが早いのが共通点の一つです。

実際に現代にまで語り継がれている歴史的偉人の名言の根本的な部分は、どれも同じであり、今でもとても参考になります。

歴史的偉人達は、失敗をするという怖い気持ちをプラスに転じて、落ち込んだ気持ちをどこかに追いやって成功へと導くことができました。

今回はそのなかでも、失敗が怖くて落ち込んでしまったときに聞くべき、歴史的偉人達の名言を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

失敗して落ち込むときに対処できる熱い名言

ウイリアム・シェークスピア

 

避けることができないならば、抱きしめてしまえばいい。 ウイリアムシェークスピア

ウイリアム・シェークスピアもまた劇作家として進出したときに、学歴が浅い彼は最初は誰にも認められない状態でした。

しかし、何度でも作り直してチャレンジしていくうちに、現代でも語り継がれているような歴史的名作を連発するようになります。

これは、シェークスピアが避けることのできない失敗を真正面に抱きしめるように受け止めたおかけで、彼の名は今日にまで語り継がれるようになりました。

人間生きていたらどうしても避けて通れない失敗や怖い気持ちは必ず付きまとっていくので、シェークスピアのように受け止める必要があります。

そうすることで、落ち込んだ気持ちを素直に乗り越えることができ、解決へと導き成功をすることができます。

トーマス・エジソン

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。 トーマス・エジソン

トーマス・エジソンは歴史上誰もが知っている歴史的偉人ですが、彼ほど失敗が怖いという気持ちを乗り越えて人類に多大な恩恵を与えた人はいないでしょう。

名言の通りにエジソンは本当に、なにかを発明するまで1万回失敗したことでしょうが、きっと落ち込んだときはあるはずです。(普通の人なら1万回も失敗したら心が折れます。)

しかし、エジソンは落ち込んだ気持ちを『これはうまくいかない方法を見つけたから結果成功なのだ。』と自分にいいきかせたのでしょう。

もしあなたがこれからなにかを始めたいのであれば、1万回失敗してその都度改善していけば必ず成功すると思いませんか。

 

マイケル・ジョーダン

私は9,000回以上シュートを外し、300試合以上敗れた、決勝シュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功したんだ。  マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダンも今度永遠と語り継がれるような、偉業を残した歴史的なバスケットボールプレーヤーです。

バスケットボールの世界一の舞台で何度も優勝へと導いた彼ですが、彼ほど失敗を意識してきた選手はいなく、同時に怖い気持ちを力に変えた選手はいないでしょう。

なぜなら、長い選手生活でここまで細かい失敗を覚えて、この身に焼き付けているからであり、そのなかでも落ち込んだゲームもあったと思います。

しかし、彼はこれまでの失敗や怖い気持ち、落ち込んだ瞬間の全てが最終的に成功へのステップだったと語っています。

マイケル・ジョーダンは、普通の方だったら落ち込まないような当たり前のことでさえ、失敗ととらえて次なる原動力へと変えていることが彼のすごいところです。

ですので、失敗を怖いと感じるのと同時に、細かい失敗を毎回意識することがとても大切であることがこのマイケル・ジョーダンの一言でわかります。

 

偉人達に共通していることは失敗して怖い気持ちを力に変えて何回でもトライしている

ここまでで歴史上偉人達の名言で共通していえることは、各々で失敗を怖いと感じたときに逆に力に変えているということです。

失敗を怖いと感じる前に、逆に成功だと解釈したり、大成功へのステップアップだったり、教訓にして改善したり、受け入れたりしています。

ひとついえることは、歴史的偉人たちはなにかを何かを成し遂げるときには、落ち込んだ気持ちのまま自暴自棄になっている人間は一人もいないということです。

 

あきらめないことが大切

ここでもう一つ大切なことは、決してあきらめないことであり、失敗が怖いという気持ちを払拭させる方法でもあります。

そう!成功するまで、何回でも失敗すればいいのです。

成功するまで5回失敗をくりかえすかもしれませんし、10回か100回かもしれませんが、それまでの経験が力へと変わります。

トーマス・エジソンさえ、1万回失敗をくり返したので、そう考えると失敗が怖くて落ち込んでいる暇なんてありません。

そう考えると、なにかを成し遂げるときに最大の敵というのは、自分自身の心だということがよくわかります。

本当の失敗とは、なにかをチャレンジしている途中で心が折れてしまい、あきらめてしまうことでしょう。

その心をそのままにしてしまうと、次になにか行動に移すときに怖いと感じてしまい、落ち込む状態が続いてしまいます。

ですので、失敗が怖いときこそ落ち込まないであきらめないでトライし続けましょう。

 

失敗が怖い場合は落ち込む前に名言を力に変えよう!

もし失敗が怖い場合は落ち込む前に偉人たちの名言を力に変えていくと、その共通点として決してあきらめないことが大切だとわかります。

人間誰しもが生きていたら、失敗が怖いと思うことは必ずあるでしょうが、勇気のでるような名言で自分を鼓舞して行動してください。

そして、失敗をくり返せばくり返すほど成功したときに、大きな地盤へとなり、揺るがない心を手に入れることができます。

もし今転職をしたい場合で、失敗が怖くて動けない方もなかにはいるでしょうが、失敗しても全然大丈夫なのです。

もし失敗してもそれが経験となって次への飛躍の大きなきっかけとなるので、落ち込んでいる暇などないので今すぐ行動していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です