マルチ商法は違法で犯罪?現代ではこのビジネスはおすすめしない理由

最初に解説していくとマルチ商法は違法で犯罪ではないのですが、今の時代で始めるには一番おすすめできないビジネスです。今回はマルチ商法が今の時代背景においておすすめしない理由を説明し、今後どのような仕事をするべきかを解説していきますのでぜひ参考にしてください。

最初にマルチ商法は違法で犯罪ではない。しかしおすすめしない

最初にマルチ商法は決して違法ではなく犯罪でもないことを覚えておく必要がありますが、今の時代にこのビジネスモデルを始めることはおすすめしません。

なぜなら、インターネットの普及で個人が自由にSNSで発信できるようになり、マルチ商法における現代の印象が過去最悪だからです。

試しに今すぐスマホでツイッターを開いて、マルチ商法と検索してみると、今の時代背景がよくわかります。

ツイッターの検索欄でマルチ商法と検索してみると、『カフェでお茶してたら隣でマルチ商法の勧誘をしていた最悪』『まだマルチ商法やっているやついるんだ』などの言葉ばかり書かれています。

マルチ商法のセミナーでは、インターネットで悪く書かれているのは、気にする必要がないと教えられますが、ツイッターはリアルタイムでユーザーが発信しているので、同時に世間の印象です。

さらに、近年では大物ユーチューバーが、『マルチ商法の勧誘を受けてみた』などで動画を取っていることも難易度を上げている大きな理由でしょう。

以前までは、マルチ商法の勧誘のターゲットは若者が多かったのですが、今やテレビより見られているユーチュブでマルチ商法を公開されたことで通用しなくなりました。

とくに今や若者のほとんどがユーチュブを視聴しているので、若いうちにマルチ商法が危険だと刷り込まれてしまいます。

これらの理由からマルチ商法は犯罪ではないのですが、これからなにか新しいビジネスを始めるためにはおすすめできません。

 

 

マルチ商法が現代のビジネスと合っていない5つの理由

マルチ商法はネットという拡散力がある媒体から、ビジネスの難易度が上がったことのほかにも根本的に難しい理由が5つあります。

これからマルチ商法というビジネスが、現代のビジネスといかに合っていなく、難易度が高いかを解説していきます。

①お金より大切な信頼関係がなくなりやすい

多くのビジネスで成功されたビジネスの経営者は、お金より信頼関係が大切と口を揃えていっているのですが、マルチ商法は信頼関係を気づくのがとても難しいです。

今マルチ商法をしている方は、冷静になって考えてみましょう。

毎回SNSで『電車でマルチの勧誘を必死でしていた男をみた』など書かれていたり、1単価あたり1000円のカフェの入り口の看板には、『マルチ商法の話はしないでください』と書かれています。

以前私は人肌恋しくなり、出会い系アプリを利用したとこがあるのですが、せっかく出会った子に職業を聞かれて、ライター業など個人の仕事をしているといっただけでマルチ商法を疑われたことがあります。(当然その子とは次に会えることは二度とありませんでした。)

 

ここまで世間から白い目で見られることの多いマルチ商法の仕事を、相手に信頼させるのは至難の技であり難易度は非常に高いです。

 

②扱っている商品の購入率の悪さ

マルチ商法は扱っている商品に対して購入率の悪さが、大きな問題点です。

例えば、マルチ商法の代表的な商品である化粧品類は広告費を口コミだけにしているため、商品の質は非常に高い物が多いのですが、ビジネスモデルの性質上評判は低いことがあります。

皆さんがAmazonや楽天などでネットショッピングをするときに、購入したい商品のレビューを見て選ぶことは一度はあるでしょう。

イメージとしては、マルチ商法の化粧品レビューが、永続的に低評価を受けているような感じです。

それだけ現代人は商品の価値でさえインターネットの評価に左右されるようになったので、この問題はマルチ商法を始める時点で重要になっていきます。

さらに近年では、旅行を商品としたマルチ商法のビジネスが流行っているのですが、これもビジネスの商品として問題だらけです。

近年では、若者の旅行離れで観光業界が軒並み大不況になっているので、この手の商品はは扱うにはとても難しい商品であることがわかるでしょう。

さらにツアー会社のデフレ化が進んでおり、競合他社がどれだけ安くご案内できるのか価格競争をしているなか、旅行を商品としたマルチ商法が参入するには無理があります。

 

③数年単位で考えるとほとんどの方が離脱している

どのビジネスも夢半ばであきらめてしまうことは多いですが、マルチ商法も例外ではありません。

今現在マルチ商法をしている方は、辞めるつもりは毛頭ないでしょうが、もしあきらめてしまった場合のそのあとが悲惨です。

これまでマルチ商法で関わっていたビジネスパートナーは、まるであなたの存在が初めからいなかったかのように消えてしまいます。

さらに今まで誘ってきた友人や身近な方の関わりもなくなってしまい、本当の孤独があなたを待っています。

たとえ他の事業で失敗したとして、助けてくれる仲間が残っていたらまだ再起のチャンスが広がっていきますが、孤独だと当然誰も救ってくれません。

 

マルチ商法の離脱はただの失敗ではなく、本当の孤独という名の苦しみがあなたを待ち受けており、それは一生のトラウマになる可能性も高いです。

④初期投資が高い

マルチ商法は入り口では、初期投資がかからないで誰でも簡単にはじめられるとうたっていますが、実はお金がかかります。

会社にもよるかもしれませんが、マルチ商法を本格的に始めるためには、初期投資が20万から30万はかかることでしょう。

これはインターネットが普及した現代では非常にもったいないほどの高額の投資です。

今の時代はインターネットでビジネスをはじめる場合にかかる額は、良くてサーバー代ぐらいなので1万もかからないでしょう。

それだけ今の時代は、初期投資をかけないでもビジネスを始めることができるので、わざわざ30万円を払うのは勿体ないです。

 

⑤会社自体が不安定

マルチ商法の問題点としては、会社自体が不安定なことでありいくらよい商品でも、規約違反で業務停止命令をされているところもあります。

なかには、強引な勧誘が事件となり、その会社自体が倒産へとなってしまいニュースに流れてしまっているのも問題点の一つです。

もしマルチ商法で大成功をして、巨額の富をきづけたとしてもその扱っている会社自体が潰れてしまう可能性も十分にあります。

マルチ商法を始める前に、覚えて欲しいビジネスの鉄則

もしあなたがこれからマルチ商法をはじめようと検討しているのであれば、これからどのビジネスでも通用する商売の普遍的な鉄則を覚えてから考えてみてください。

集客

まず商売の鉄則の最初の過程として、集客能力というのが大切な要素であり、商売のはじまりの部分でありますので最初に覚えておきましょう。

この集客というのは、当たり前のことなのですがその商品を欲する人が多ければ多いほど集めることが可能です。

しかし、この商売の鉄則をマルチ商法に当てはめて考えてみると、その扱っている商品やビジネスを始めないかと誘ったとしても、白い目で見る方も少なからず現れます。

最悪のケースだと、『あいつはマルチ商法の信者だから気をつけろ』など悪評を拡散させることもあるでしょう。

ここまで説明をしたら、マルチ商法の商品を使って消費者とビジネスパートナーを集客させるのは非常に難易度が高いことがわかるでしょう。

 

 

ファン化

全てのビジネスの鉄則の次のステップとして、ファン化があります。

簡単に説明すると、ヒカキンやはじめしゃちょーなどの人気ユーチューバーが、ファン化を成功させているよい例でしょう。

おもしろいから、この人の動画をもっと見てみたいという感情がファン化でありこの段階に入って、はじめて商売の鉄則の最終段階に入ります。

マルチ商法でのファン化というのは、その商品とあなた自身を人気にさせて多くの信者をつけることです。

集客の段階で白い目で見られることが多いマルチ商法のビジネスで、あなた自身というのをファンレベルで信頼させるためには、相当人をコントロールできる能力がないとできなない芸当でしょう。

リピート

ビジネスの鉄則の最終段階は、その商品を利用している消費者がまた利用したいと心から思えるようなリピート力が大切です。

マルチ商法の商品とビジネスを継続的にリピートさせるためには、稼げないビジネスパートナーのメンタルサポートに最新の注意を払う必要があります。

さらに、ビジネスパートナーが無理をしすぎて破産しないようにも管理しなければならなくなるので、通常のビジネスより何倍もの労力がかかることでしょう。

ビジネスの鉄則を考えてみて!マルチ商法よりリスクの低い仕事

これからマルチ商法をはじめようか検討している方や、もうすでにはじめている方でこの記事を読んでいたら、前の章で解説したビジネスの鉄則をふまえて他の仕事も確認してください。

エンジニア

まずプログラミング技術を学んでエンジニアになることは、これからネットの技術が急速に普及している世の中にぴったりです。

マルチ商法をしている方は理由は様々であれ、共通していえることは会社をやめて自由になりたいという気持ちがあることでしょう。

今はエンジニアの仕事は、必ずしも会社に所属しなくてもクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで、簡単に仕事を受注できます。

ですので、このプログラミングの技術さえ覚えておけば、会社に属さないで自由に仕事をすることができるので、今の時代にあったおすすめの仕事です。

もしプログラミングの仕事を一度確認してみて、ビジネスにしようか揺らいだのであれば、こちらを確認してみてください。



ブロガ―

アフィリエイトブログは、マルチ商法と比べると初期投資が圧倒的に低いことが特徴としてあります。

これからブログをはじめようとしたら、費用がかかったとしても2万から3万円ぐらいでしょう。

たしかにアフィリエイトブログで稼ぐことも相当難しいのですが、マルチ商法で頑張ってきた労力と同じぐらいの時間をかけるとしたらどちらがよいでしょうか。

アフィリエイトブログで万が一失敗したとしても、友人を失うことはまずないでしょうし、多額の借金を背負うこともありません。

 

マルチ商法に妄信する前に、色んなビジネスを体験してみよう!

最後にマルチ商法も立派な仕事で犯罪でもないですし、違法性もない歴史深いビジネスであるのですが、仕事の多様化から選択肢はたくさんあります。

これからなにか新しいビジネスを始めたいという気持ちは素晴らしいことですが、マルチ商法だけはなく様々なビジネスを一通り見てみて、改めて選択してください。

もしたくさんのビジネスの方法を調べてみて、どれがベストな選択なのかわからない場合はビジネスの鉄則を思い出しましょう。

ビジネスの鉄則を改めて確認すると、集客からファン化になりリピートへとつながることで、全ての仕事はこの法則で回っています。

 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です