あなたの職場に嫌いな人はいませんか?苦痛に感じたときの対応を解説

長い人生生きていたら一度は嫌いな人と出会うことが多いでしょう。とくに職場など能力が左右されるような環境で嫌いな人がいたら苦痛と感じてしまうことが非常に多いです。今回はそのような嫌いな人がいたときの対応策を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

生きていたら嫌いな人と一度は出会う

職場などの集団生活において必ずあなたの嫌いな人に必ず出会うことがあるでしょうが、そのときに上手く立ち回る方法というのがあります。

よく職場に嫌いな人が現れたときには、『なるべく関わらないようにしろ』といわれることが多いですが、実は無視するということは逆効果になることを覚えておきましょう。

職場などの嫌いな人を無視するという行為自体は、実はあなた自身ストレスがたまり、苦痛になりやすい環境を自ら作っています。

嫌いな人をなるべく無視するようにすると、その人の行動のひとつひとつが鼻につくようになり、さらに不満もいえないので苦痛になっていくのです。

では、どのようにしたら職場で嫌いな人に遭遇したときに苦痛に感じないようになるのでしょうか。

次の章では、職場で嫌いな人の対応策にぴったりな言葉を説明していきますので、ぜひ今後の人生の参考にしてください。

職場を変えるたびに、嫌いな上司や同僚または後輩と遭遇してしまい、苦痛を逃がせないでいる方は、必見の対応策です。

職場の嫌いな人に苦痛を感じたら、逆に受け入れよう!

あなたにとって苦手な人ややっかいな問題はあなたの中に愛という作品を創るためのかけがえのない材料です。

葉祥明  絵本作家

この言葉は、あなたにとって嫌いな人に遭遇してしまったときに、長い人生という名の1ページに刻まれるほんのささいな障害物であり、今後成長するための材料であると解説しています。

こう考えてみましょう。

長い人生のなかで、職場の嫌いな上司と関わる期間なんてほんの一瞬の出来事であり、変に思いつめる必要も全くありません。

その職場に定年退職までいるとしても、人事異動もあるので一生関わることもないでしょうし、しっかりと準備をして転職すれば離れられることもできます。

さらに昔から人付き合いが苦手で、いくら転職をしても働いていたら必ず嫌いな人が現れてしまう人は、個人で仕事をすればいいだけなのです。

今は個人でも開業資金なしで仕事ができる時代なので、いくらでも人付き合いなしで働けることができるのでおすすめです。

もし、人付き合いが苦手でどうしても個人で働きたい方は、ぜひこちらのプログラミングスクールを確認してみてください。

プログラミングは個人で仕事をするための最適なツールです。



障害のない人生は、罠のないゲームをしているのと同じ

ここでひとつ考えてみましょう。

もしあなたが2つのテレビゲームを選ぶとき、障害物のない簡単なものか、障害だらけの難しいもののどちらが欲しいですか。

もちろん、ほとんどの方は障害だらけの難しいゲームを選ぶことでしょう。

職場の嫌いな人はゲームでいうところの障害物であり、この苦痛がなければ、何か達成したときの充実感を味わうことができません。

そう!嫌いな人なくして何かを成し遂げるときの達成感を感じることができませんので、職場の嫌な人はあなたという名の作品を作るための貴重な材料となることでしょう。

嫌いな人を長い人生で、自分を成長させるための貴重な材料なだと考えることが、究極の対応策であるので、ぜひ考え方を変えてください。

 

嫌いな人がいたら逆にチャンスだと考える

職場の嫌いな人がいたら、あなたを成長させる大きなチャンスだと考えておくことが非常に大切です。

例えば、職場に嫌いな人がいたとしたら、あなたはその人のような態度を、まわりの人に取らないように行動することでしょう。

また、嫌いな人を反面教師にするのも今後のあなた自身を、器の大きな人間にさせるための材料になるので関わっていきましょう。

そう!あなたの嫌いな人ほどよく観察していき、自分はそのような人間にならないように、ひたすら人生の勉強をしてください。

嫌いな人ほど人生の勉強になるということを、つねに忘れないでいるのが今後とも上手く対応していくための方法なのです。

 

嫌いな人が多い私が普段している対応策

実は私は昔から人付き合いが苦手で、友達が非常にすくないし、職場では嫌いな人ばかりいて何度も問題を起こしたことがあります。

しかし、嫌いな人が多い私が今回解説した

あなたにとって苦手な人ややっかいな問題はあなたの中に愛という作品を創るためのかけがえのない材料です。

葉祥明  絵本作家

この言葉に出会ってから、人付き合いの方法が変わり今では積極的に嫌いな人に関わるようにして生きていく習慣を身につけることができました。

なぜなら、嫌いな人ほど反面教師として勉強をすることが可能で、今後自分の成長へとつなげることができるとわかっているからです。

 

嫌いな人がいるおかげで今後の生き方がわかる

さらに嫌いな人がいるおかけで、自分にあった今後の人生の生き方を、見いだすことができるようになったこともあります。

嫌いな人がたくさんいるような職場で働いているということは、必然的に同じような人種の人間が集まってくるということです。

ですので、おのずと自分がどのような働き方が合っているのかということが、嫌いな人がきっかけでわかることができます。

 

嫌いな人を踏み台にして人生のステップアップをしよう!

今回は職場の嫌いな人がいて苦痛に感じたときの対応を細かく解説していきましたので、ぜひ参考にして今後の活力としてください。

嫌いな人を無視するのは余計なストレスになってしまい、仕事も上手くいきません。

ですので、嫌いな人ほど積極的に関わっていきよく観察することが非常に大切なのです。

そして反面教師として嫌いな人を踏み台としてよく勉強にして、今後人生をよりよく生きるためのよい参考にしていく必要があるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です