職業の選択には順序があった!ある基準を満たした選び方を覚えよう!

職業を選択するタイミングは、生きていたら必ず訪れるでしょうし、その都度今後生活していく上で重要なターニングポイントとなっていきます。今回は正しい職業の選択方法を細かく解説していき、その基準を満たしたときに楽しく働けることができるのでぜひ参考にしてください。

あなたはどのようにして職業を選択していますか?

まず最初にあなたはどのようにして今の職業を選択をしていきましたか。

たいていの方は、いい大学に入学しそこから企業に就職する方がほとんどでしょうが、ただやみくもにエントリーシートに提出して入社すると危険です。

なぜなら、実際に働いてみて楽しさを感じられずに、毎日しかたなく生活をしていくはめになってしまう可能性があります。

ひとつ考えてもらいたいのが、そのしかたなく働いている仕事を定年退職までやり続ける人生は本当に幸せなのでしょか。

次の章では、職業を選択するための正しい基準を細かく解説していくので、ぜひ参考にして日々の人生を豊かにしていきましょう。

 

職業を選択するには『働き口』ではなく『生き方で決める』

職業を選択するうえでしかたなく働いている方は、『働き口』を探して仕事を見つけてきた可能性が非常に高いので注意が必要です。

『働き口』から職業を選択してしまうと、しかたなく働いているので、将来的に考えてみると仕事の効率が悪くなってしまいます。

しかし、『生き方』から考えて職業を選択すると、仕事をするうえでやりがいを感じることができ、今後の人生を楽しく過ごすことができるのです。

また、『生き方』の職業を選択すると、その理由は大まかにいうと3つの理由で分けられているので、あなたに合ったものを見つけましょう。

業種や職業などの生き方で決める


業種や職業で『生き方』を決める意味とは、例えば車が好きな方は、自動車整備士などの仕事を選択をすることが可能なのです。

このように昔から好きなことを職業にする方法は、趣味を実益に変えることができるので、働くことが楽しく感じれるようになるでしょう。

しかし、こちらの業種や職業から選択するデメリットとしては、プライベートと仕事の境目がつけられなくなってしまう場合があります。

 

就業形態で決める

就業形態から職業を選択するというのも、『生き方』を決める選択肢のなかのひとつでもあり、とても重要な要素のひとつでもあります。

就業形態とは、例えば正社員やパートのように一定の給料をもらえるかわりに、一定の時間を拘束されるということです。

一方で、フリーランスなど個人事業主で就業形態は、とくに時間という縛りがなく働けるというライフスタイルもあったりします。

近年は会社に所属しながらでも、家のなかのみで働けるというライフスタイルや、成果主義で出勤時間の縛りがとくにない会社もできるようになりました。

これらのように、さまざまな就業形態があり、人それぞれ合ったライフスタイルは変わっていきますので、しっかりと選択をしていきましょう。

意味や価値で決める

意味や価値で職業を選択する『生き方』とは、お金や趣味というよりは使命感で動けるという、やりがい重視の仕事を選べることができます。

例えば、子供たちを成長させるような仕事につきたいのであれば教師、人の命を助けたい方は医者などの職業があるでしょう。

意味や価値を見出す仕事につけることができれば、まわりの人間から感謝されることができるので、社会的地位を上げることができます。

転職を選択する場合も『生き方』から見直す

もうすでに仕事をついている方で、今の職業が『働き口』としてしかたなく働いている方は、転職をして一度『生き方』を考える必要があります。

ぜひ転職をすることで、仕方なくしている仕事から、やりがいのある仕事に変えていき日々の生活を豊かにしていきましょう。

様々な生き方が違えば道もまた違う

また生き方が違えば、考え方やそれぞれ進む道が変わっていきますので、転職をするうえで、あなた自身の根本的な考え方を見直す必要があります。

たとえば、より自由に働きたい方は、家のなかや出勤時間が自由な仕事につけるように転職をする必要があります。

転職するときには、ぜひあなたの性格や生きがいを一度見直していき、合った仕事を選んでいきましょう。

職業を選択する基準を理解すれば幸せに生きられる

今回は職業を選択する基準の『生き方』を正しく理解することができれば、これから就職する方でも転職をしたい方でも楽しく生きれることができます。

今現在の仕事が仕方なく働いている方は、ぜひあなたの生きがいを見直していくために、転職を視野に入れて考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です