目標設定をするためにはSMARTの方法を使おう!

今回は目標設定のツールであるSMARTを紹介していきますので、これから仕事において何かを成し遂げたい方は是非参考にしてください。目標設定ツールであるSMARTを使わないでやみくもに仕事をしていると、成果を出すのが難しくなりますので必見です。

 

目標設定を実現するためのツールSMARTとは

目標設定ツールSMARTとは、目標を達成するために必要である要素をそれぞれの頭文字を5つとってつけられた名前です。

この目標を達成するために大切な5つを常日頃から意識しておくと、あなた自身の夢を実現させるための役割を担うことができます。

これから、目標設定ツールSMARTのそれぞれの意味を細かく解説していきますので、ぜひ今後何かを成し遂げたい方はぜひ参考にしてください。

 

Specific 具体的な

SMARTの頭文字の1つである、Specificとは日本語訳では具体的なという意味であり、この意味は自分はなにを取り組みたいのか具体的に決めることです。

ただやみくもに働いていると、自分が本当は何がしたいのかを具体的に決められない方が多いので、目標設定をするためにこちらの要素から決めましょう。

目標をより鮮明になおかつ具体的に決めれば決めるほど、そこに至るまでのやるべきことが、わかるようになることでしょう。

Measurable 測定可能な

SMARTのMの文字をとったMeasurableは測定可能なという意味であり、目指すべきゴールに向けてどのぐらいするべきなのかを具体的に数値化するということです。

目標設定に向けて細かく数値化することで、普段からの生活の仕方から、働き方までの細かい部分から常日頃にゴールを意識することでしょう。

目指すべき目標設定に向けて、月換算でどのぐらいの数値をたたき出せば、ゴールへと至れることができるのかを具体的に表すことが大切です。

Achievable 達成可能な

SMARTのAの文字をとったAchievableは達成可能なという意味であり、最終的なゴールへとつなげるための、目標設定を可能な範囲で設定することが大切ということです。

例えば、いきなり1か月で月収100万円を設けられるような目標設定をしたら、さすがに無理があることがわかるでしょう。

小さい目標でいいので、毎月達成可能な目標設定を散りばめると、その積み重ねが最終的に大きな利益へとつなげることができるのです。

Relevant 関連のある

SMARTのRの文字をとったRelevantは関連のあるという意味であり、あなたが目指すべき目標設定をすでに達成もしくは、似ている部分を参考にするということです。

関連性のあるものが目標を達成するための、大きなヒントとなりますし、勉強材料へと変わることができるので、必要になっていきます。

同時にただ目標の類似なものを真似るだけではなく、少し付け足してさらなる応用となる手段を模索することが、非常に大切です。

Time Bound 期間を決めて

SMARTのTの文字をとったTime Bound は期間を決めてという意味であり、これは目標設定を『いつまでにやるか』というように決めることが大切です。

期間を決めると、それまでなにをすればいいのか具体的になりますし、モチベーションを維持するために必要な要素になっていきます。

また、その目標達成期間の時期に休みをとって海外旅行にいくなど、ご褒美を設定していくこともおすすめですので、ぜひ試してください。

目標設定ツールSMART無くして成功なし

目標設定がなく、ただがむしゃらに働いているだけだと、モチベーションを保つことが難しいですし、なによりどのように動けばいいのかわからなくなっていきます、

イメージとしては知らない土地をドライブをするときに、地図もなく運転し続けることと同じようなことをしている感覚です。

ですので、目標設定ツールSMARTは大きなことでも小さなことでも何かを成し遂げたい方は、必ず必要になっていきます。

 

目標は失敗してもよい

目標設定をSMARTを使うことはとても大切なことですが、必ずしも成功するわけではないことを、覚えておきましょう。

しかし、目標設定は失敗をしても全然大丈夫なのです。

むしろ大切なのが目標を失敗した後が大切であり、なぜ失敗したのかを具体的に割り出していきまた新しい目標を立てることでしょう。

失敗を何回も重ねたら最終的に成功へと導くことができるので、目標設定をしても失敗を恐れずにチャレンジをしてください。

失敗は成功するための糧になるという記事を見たい方はこちらの記事を参考にしてください。

怖いと思っても対処できる!失敗して落ち込むときに聞くべき名言!

今の仕事は目標設定SMARTを使っても意味がある?

ここでひとつ注目しなければならないポイントとしては、今の仕事は目標設定SMARTを使える環境であるかどうかです。

例えば、今あなたが働いている職場がブラック企業でいくら働いても給料が上がらずに、ただ長時間働き続けるだけなら使えません。

なぜなら目標というより、ただどのようにしたら上司に怒られないかという恐怖しか考えられなくなってしまうからです。

そのような場合は、今すぐ転職をして改めて目標を設定できるような環境を作ってみてください。

また目標を設定できるような仕事に転職をするには、ご自身にあったライフスタイルややりがいのある仕事を見つける必要があるのでこちらの記事を参考にしてください。

やりがいがない仕事で転職を考えている方!最初に働き方の概念を理解しよう!

働き方の種類を紹介!あなたの性格を意識して選びましょう!

職業の選択には順序があった!ある基準を満たした選び方を覚えよう!

転職をする前から目標を設定しよう

また転職を決めたのであれば、最初に目標設定SMARTを試してください。

予め目標設定SMARTを使って【第二新卒エージェントneo】の転職エージェントでカウンセリングを受ければ、スムーズに思いを伝えることができて目標を達成する環境を作る後押しをしてくれます。

目標は口に出すことが非常に大切ですので、あらかじめ目標設定SMARTであなた自身のやりたいことを明確にしたら、様々な方が後押ししてくれるでしょう。

これまでの歴史的偉人やスポーツ選手は、何かを成し遂げるときには、たとえ誰かに笑われようとも口に出して言い続けています。

ぜひ目標設定SMARTを使って具体的な内容を決めたあとは、ぜひそのことを周りの人達に口を出して言い続けましょう。



目標設定SMARTの方法を使っていきましょう

 

今回は目標設定SMARTについて細かく紹介していき、その目標に対しての転職方法などもお伝えしましたので、ぜひ参考にしてください。

この方法は現在仕事をしている全ての方に有効的ですので、ぜひ目標設定SMARTを使って自分自身を見直していきましょう。

そして、あなた自身が本当にやりたいことを見つけだして、それを目標設定SMARTに落とし込んで考えてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です