ニートの就職はどのような職種がおすすめなのかを徹底解剖してみた!

今の時代様々な職種ができたことから、ニートでも就職することができるので、これから仕事をしたい方はぜひ探してみてください。また現在どの会社も人手不足であることから、逆にチャンスであるのですが、ブラック企業も多くはびこっているので十分に注意が必要です。

人手不足と仕事の多様化でニートでも就職できる

人手不足であることと、仕事の多様化からニートでも就職をしやすい環境にあるのですが、同時にブラック企業などの不当な扱いを受ける可能性があるので注意が必要です。

今回はニートがより安全に、なおかつやりがいのあるような仕事に就職するための方法を細かく紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

今現在ニートの方はもう一度再起するために、相当な労力を使うことでしょうが、今回の記事でその起爆剤になれば幸いです。

ニートが就職する3つの方法

ハローワーク

ニートが就職するための王道的な手法としては、ハローワークがあるのですが、場合によっては横柄な態度をとられ、ブラック企業に就職をしてしまう可能性があります。

ですのでハローワークを使う手法は、最終手段としてとっておくことをおすすめしますので、とりあえず保留しておきましょう。

もしニートがハローワークを使って就職したい場合は、あなたが本当にやりたいことを厳選して職業訓練をしてみましょう。

転職エージェント

ニートの方が就職するためには、転職エージェントを使うことがおすすめな理由として、担当者それぞれの企業とコネクションを持っている担当者が親身になってカウンセリングしてくれるからです。

そのなかでもこちらの【第二新卒エージェントneo】を利用してみてください。

こちらのサイトはフリーターやニートなどの第二新卒でも対応しているエージェントであり、就職するために画期的です。

そして、ニートの方が就職をするのに心配な最大のポイントとしては、誤ってブラック企業に働いてしまうことでしょう。

もし以前にブラック企業で働いて心身共に疲弊しきってしまい、ニートになっている方はなおさらトラウマになってしまう可能性があります。

しかし、こちらの転職エージェントは担当者が企業としっかりとコミニケーションを取っているため、ブラック企業で働くことはありません。

 



スクールに通う

ニートの唯一の武器としては時間が有り余るほどあるので、資格をとったりスクールに通いやすいのがポイントとしてあります。

ニートが就職するために、しっかりと準備をしていくことが大切なのですが、そのためにはぜひスクールに通ってみてください。

ニートが就職するためにおすすめのスクールとしては3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】が非常におすすめです。

こちらのスクールはプログラミングを3ヵ月で学べることができて、将来的に考えて手に職を最も就きやすいスキルの1つでしょう。

なぜなら、近年AIの発達によりプログラミングの技術が、将来的に考えて最も社会に必要になってきている時代になっているからです。

その証拠に今や小学生の段階でプログラミングの教室を開いているぐらい、一般化されています。

そして、アメリカの小学校ではプログラミングの授業が必修科目になっているので、日本の教育でも必須項目になる時代も近いでしょう。

ぜひニートの就職の準備のためプログラミング教室に通ってみてください。



ニートでも就職だけが全てではない

今の世の中ニートでも就職をするだけが、全てではなく今やパソコン一台あればいつでも仕事することができることを、覚えておきましょう。

これから、ニートが就職以外でも働けるような環境をいくつか紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ブログを執筆する

まずは、ニートの方が就職以外でできる働き方のひとつとしては、アフィリエイトブログを書くことが非常におすすめです。

アフィリエイトブログは、低リスクで仕事を始められることができるので、やりがいのある働き方であることでしょう。

そしてニートの最大の武器である時間というのが、アフィリエイトブログを書くうえで非常に有利なポイントとなります。

アフィリエイトブログは時間を書ければ書けるほど、稼ぐことができるので、ぜひ一度チャレンジしてみましょう。

クラウドソーシング

ニートが就職以外で働ける職種として、クラウドソーシングがあり、こちらの仕事は自宅ですぐにお金を稼げることができるので、おすすめです。

クラウドソーシングとは、ブログの執筆の外注を任されたり、ウェブデザインの下請けをしたりなど、プロフェッショナルから未経験までどなたでも働けることができます。

さらに、ブログの執筆なんてわからないと思う方もいるでしょうが、クラウドソーシングで依頼してくれる企業は、それぞれマニュアルがあるからどなたでも始められます。

クラウドソーシングを始めたいのであれば資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」がおすすめです。

クラウドワークスはクラウドソーシングのサイトのなかでも最も多くの企業が登録しているので、すぐにマッチングすることができます。



ユーチューブ

今の時代ニートが就職する以外で働く職種としては、ユーチューバーも選択肢の一つとしてあることでしょう。

もちろんそんなに甘くない世界ではあるのですが、挑戦しないかぎり成功することはまずありません。

ユーチューバーは成功したとき、天文学的な収入を得られることができるので、本当に夢のある職業であることは間違いありません。

ニートで一番やってはいけないこと

無気力になり引きこもる


ニートで一番やってはいけないことのひとつとしては、無気力になり引きこもってしまうことであり、立ち直るのに時間がかかってしまいます。

もしどうしても立ち上がれずにニートから抜け出せない方は、まずはひとりで悩まずに誰かに一度相談してみることが大切です。

そして、転職エージェントを早急に利用したり、ブログを書いたり、クラウドソーシングをしてみたりやれることがたくさんあるということを覚えておきましょう。

 

マルチ商法に手を出す

ニートでやってはいけない職種のひとつとして、マルチ商法に手を出すことだけは、十分に注意しておきましょう。

マルチ商法の会員は心身ともに疲弊しきっている悩んでいる方を中心に、ターゲットにする修正があるので、ニートは格好の的になってしまいます。

もしマルチ商法についてもっとよく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

マルチ商法は違法で犯罪?現代ではこのビジネスはおすすめしない理由

 

ニートでも職種をしっかりと選んで就職しよう

今の時代はニートでもしっかりと就職をすることができ、さらに様々な職種があるので、自宅でも働けることができます。

今回はニートでも働ける方法とその働き方もまた細かく紹介していきましたので、ぜひ参考にして立ち直っていきましょう。

また同時にニートでやってはいけない仕事もまた紹介していきましたので、十分に注意しながら就職してください。

&

nbsp;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です