職場での人間関係を改善するには受け取り方と答え方が大切!もう仕事で辛い思いをしなくてもいい

なぜ職場の人間関係が悪くなってしまうのかというと、あなた自身がついイライラしてしまい感情を抑えられなくなってしまうからです。そのほかにも、毎日パワハラや嫌味を相手からいわれ続けて人間関係が悪くなる場合もあります。今回は仕事で人間関係をよくする改善方法を紹介していきます。

 

なぜ職場で人間関係が悪くなってしまうのか

職場で人間関係が悪くなってしまう要因としては、さまざまな理由があり、それぞれ適切な方法で解決することができます。

仕事で人間関係が悪くなってしまう主な原因としては、自分自身に問題があったり、まわりの人間からパワハラをいわれたりして引き起こすでしょう。

今回は人間関係が悪くなるさまざまなケースを紹介し、その解決法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事で人間関係をよくするため3つの改善方法

ここからは、あなた自身がイライラしたり、まわりの方から嫌味をいわれやすかったりするときに対処する3つの改善方法を紹介していきます。

いわれる言葉のとらえ方を変える

まずは、職場でまわりの人間からなにか嫌味をいわれたときに、その言葉を受けとる、とらえ方を変える練習をしてみてください。

例えば、相手は悪気がないけど、ついあなたにとってイラっとくる一言をいってきたとき、とらえ方次第で人間関係が大きく変わります。

悪気がないけどイラっとくる一言をいわれたときに、そのまま受け取ってしまうと最悪喧嘩になってしまい、人間関係が悪化するでしょう。

しかし、ここでとらえ方を変えると『相手は悪気がないけど、そういう言い方しかできないんだな。』と受け止められると人間関係が改善されます。

 

言葉を選ぶ

誰かになにかをいわれたときに、とらえ方を変えて受け止めることができれば、次にすることは相手に話す言葉を選ぶことです。

言葉を選ぶというのは、決して自分を押し殺して話すわけではなく、自分の意見を尊重しつつ、相手にとっても損がないように話すことが大切です。

つまり、お互いWIN WINであるような話し方を意識する必要があります。

人はなぜ人間関係が悪くなるかというと、お互いにとって意見が食い違うことが原因であり、大げさな話根本をたどれば戦争も同じことがいえるでしょう。

絶対に悪口をいわない

職場の人間関係を変える方法としては、絶対に悪口をいわないことが一番大切なことであり、これは今すぐにでも始められることです。

因果応報という言葉があり、良いことも悪いことも自分がやってきたことは、必ず自分に返ってくるので、悪口も同様といえるでしょう。

さらに人間関係が悪くなるような職場環境は、必ず悪口が横行しているので、あなただけはいわないようにしてください。

 

あなたはどのような職場環境で人間関係が成り立っている?

すぐにイライラしてつい怒ってしまう

まず職場環境で人間関係悪くなってしまう原因として、あなた自身に問題がある場合があり、その場合はついイライラして引き起こすことでしょう。

仕事でつい嫌な発言をいわれて怒ってしまう場合は、改善方法は非常に簡単で、前の章で紹介した発言の受け止め方を変えることです。

なぜ人は怒ってしまうかというと、相手からいわれた一言で解釈が生まれて、ついイライラしてしまうということが、ほとんどでしょう。

いきなり喧嘩を売って挑発しながら一緒に働く人はいませんよね。

ですので、ついイライラして感情をコントロールできない方は、ぜひとらえ方を変える習慣を身につけていきましょう。

 

よく嫌味をいわれてしまう

仕事中に人間関係が悪くなってしまう場合は、よく嫌味をいわれてしまって、職場環境が悪くなってしまう場合があります。

ここで一番よくないのは、嫌味をいわれたときにひたすら我慢しつづけることであり、人間関係が悪くなってしまうほかにも、あなた自身のメンタルも壊れてしまうでしょう。

もし、嫌味をいわれて職場の人間関係がどうしても悪くなるようでしたら、前の章で解説した言葉を選ぶことを徹底してください。

なぜ職場で嫌味をいわれてしまうかというと、相手にとって気持ちよくないような言葉をいってしまい、相手をイラつかせるからです。

しかし、ここで自分の意見を尊重しつつ、相手を気持ちよくするような発言をすると、そもそも嫌味をいわれることはないでしょう。

完全にパワハラをいわれてしまっている

職場での人間関係が悪くなる原因としては、完全にパワハラをいわれてしまっている場合があり、そのような事態であれば今すぐ転職するべきです。

パワハラは長く関われば関わるほど、泥沼にはまり自分ではどうすることもできなくなり、最終的には心が壊れて捨てられてしまいます。

それだけパワハラをして職場環境が悪くなっている場所は、危険なところであり、解決策はたったひとつで、今すぐ逃げることです。

逃げることはかっこ悪いと思う方もいるでしょうが、決して恥ずかしいことではないということを、心にとめておきましょう。

転職で職場を変えて人間関係を再スタートさせたい方

人はそう簡単に変わらない

もしあなたが前の職場で人間関係が悪くなってしまい、転職をしたとしたら、同じミスをしないようにする必要があります。

しかし、人はそう簡単には変わりません。

それは、今まで生きてきた家庭環境で左右されることですし、同時にあなたの生まれ持った個性でもあるので尊重する必要があります。

ですので、まずは転職をして再スタートをしたとしても自分自身を嫌いにならずに、芯を持って行動する必要があるのです。

逆に自分を偽り続けるとストレスが溜まる


職場の人間関係が悪くなって、転職という形で再スタートしたとしても、自分を偽り続けて働いていたら、それがストレスとなり長くは続きません。

ですので、自分を偽らないで、あなた自身の性格や個性をまわりの方達に受け入れるような技術を身につける必要があります。

そうすることで、たとえ転職したとしても、前の職場で人間関係を悪くさせてしまったという同じミスをくり返さないですむでしょう。

技術があれば自分を偽らず上手く立ち回れる

新しい職場環境で、自分を偽らなく人間関係をよくするために、技術があれば上手く立ち回れることができるのでぜひ実践してみましょう。

自分を偽らずに上手く立ち回る方法とは、前の章で解説した言葉のとらえ方を変えることと、お互いWIN WINになれるような言葉を選ぶことと、悪口をいわない3つです。

この3つの方法を実践すれば、自分を嫌いにならずに新しい職場環境でも上手く立ち回れることでしょう。

実際に、世の中の世渡り上手な方は、この3つの技術を意識せずとも自然とできるような才能を持っているので、マネするとよいです。

人間関係で仕事が辛い場合適切な対処をしましょう

今回は職場で人間関係がうまくいかない方に向けて、どのような行動をとればよいのかを、さまざまなシチュエーションを例にあげて紹介していきました。

もし今の職場であなた自身で人間関係を悪くしているようであれば、今回紹介した技術を使って、改善してみてください。

そして、職場でまわりの方から激しいパワハラにあって人間関係が悪くなっている場合は、転職する以外解決策がないということを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です