仕事のイライラを解消する前にため込まないようにしよう!ストレスをコントロールしよう!

仕事でイライラしていまうのは、必ず相手があってのことなので、働いているときにいわれる発言を解釈を生まずに受け止める必要があります。そうすれば、イライラを解消する前にストレスをコントロールする方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

仕事のイライラが解消できないのは言葉の受け取り方

仕事のイライラが解消できないのは、全ては相手がいて引き起こしてしまうことですので、まずはいわれる言葉を解釈を生まずに受け止める必要があります。

仕事でイライラが解消できないのは、相手の言葉をうまく落とし込めないで、感情をコントロールできなくなったり、ストレスをため込んでしまうのです。

次の章では、どのようにしたら相手の言葉を、誤解や解釈を生まずに上手く受け入れる方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

仕事でイライラするストレスをコントロールする方法

イライラするきっかけはただひとつ

イライラするきっかけはさまざまなパターンがあることでしょうが、その根本の部分はいつも同じことであり、最初に理解する必要があります。

例えば会社の部下に、『今日の飲み会の参加は強制ですか?』などいわれたら人によっては、かなりイライラするするでしょう。

また違ったパターンだと上司から、『こんなに働いてくれないと、ただの給料泥棒だよ?』などいわれたら誰でもイライラします。

つまり、イライラしてしまうきっかけとなる根本の原因とは、相手から発せられる言葉から、全てが変わっていくのです。

 

言葉の受け取り方を変える

相手から発せられる言葉が、仕事でイライラを引き起こしてしまうきっかけとなることを、まずは理解したらやっと次のステップへとつながります。

次のステップは、なるべく誤解や解釈をさけるようにして、言葉の受け取り方を変えることで、そもそもイライラすることがありません。

例えば、上司に『こんな誰でもできる仕事がなぜでできないんだ!』や部下に『なんでそんなことしなければならないのですか?』などいわれたら受け取り方を変えるべきです。

これらのようなよくある例で、どのように受け取り方を変えるかというと『この人たちはこんな言い方しかできないんだ』と思う必要があります。

言い方はどうあれ、その人達はいったいどのようなことを、あなたに対して要求しているのかを考える必要があることでしょう。

習慣化する

相手の発する言葉の受け取り方を変えることができたら、最後に習慣化することを、常日頃から徹底的に取り組んでいきましょう。

習慣化というのは、無意識で取り組めるようにするまで意識するという意味であり、時間がかかってもいいので試してください。

実際に仕事でイライラしないで、常日ごろから人間関係を良好に保っている方は、無意識で相手の発言をうまく受け取っています。

仕事でイライラしてしまうあなたの環境はどんな感じ?

ここまでは、仕事でイライラする前にコントロールをしてストレスをため込まない方法を紹介していきました。

ここからは、今現在あなたの職場環境はいったいどのようなもので、どのようなパターンでイライラしてしまうかを紹介していきます。

イライラするダメな部下がいる

もし今あなたの職場環境で部下によってイライラしてしまうのであれば、前の章で話した相手の発言の受け取り方を変えることを発揮するべきです。

イライラするような部下は、あなたにとって鼻につくような発言を常日頃からいうことでしょう。

イライラする部下の定型文としては、『はい。』や『いいえ』『自分バカだからわからないです。』などを不愛想な態度でいわれたりします。

そのような場合は、『こんな態度しかとれないように育ってきたんだな。』と受け取めてから、部下がいったいなにを求めているのかを理解する必要があるでしょう。

部下がイライラするような人間だからこそ、あなた自身を成長させる大きなきっかけとなるので、ぜひこのチャンスを利用してください。

そうすることで、結果今後会社で昇進したりするなど、偉い地位に立つためのステップアップとして、大きなきっかけとなるでしょう。

 

パワハラによる恐怖で押さえつけている

パワハラによる恐怖で押さえつけている環境で、あなたがイライラしてしまう場合は、正直にいうと転職することをおすすめします。

パワハラの定義は線引きは難しいのですがあきらかに避けるべき発言としては、『お前はくさいし、気持ち悪いし、頭が悪い。』などあきらかな身体的な特徴をいっていることです。

このような発言は、犯罪行為といっても過言ではないですし、そのパワハラが横行している職場環境でイライラしないように努力すること自体間違っています。

もちろん前の章で話した、相手の発言の受け取り方を変えるという手段もパワハラの前では無駄な行為ですので、注意していきましょう。

もし転職するなら【第二新卒エージェントneo】がおすすめです。

転職エージェントは担当者が企業を厳選して選んでいるので、パワハラが横行しているブラック企業を紹介することはないでしょう。

さらに大手転職サイトはたくさんの企業が加入しているので、なかにはブラック企業も混じっている可能性もあります。

しかしこちらの転職エージェントは、しっかりと企業を選んで対応しているので、非常におすすめです。



仕事でイライラしてやってはいけないこと

暴力

仕事ではイライラして一番やってはいけないことは、暴力をふるってしまうことであり、これは犯罪行為であるので注意していきましょう。

もちろん仕事中で、部下や上司にイライラして殴りたくなるときもあることでしょうが、それは絶対にやってはいけない行為です。

暴力を衝動的に振るってしまう前に、相手の発言の受け取り方を変えるような習慣を、常日頃からつけていきトラブルを未然に防いでいきましょう。

 

感情的になって仕事を辞める


仕事でイライラしてしまい、もう一つやってはいけないこととしては、感情的になって仕事を辞めてしまうことに注意していきましょう。

もちろん仕事で上司がパワハラばかりいってきて、限界がきて衝動的に辞めたくなる気持ちも、痛いほどわかります。

しかし、いくらパワハラをいわれたとしても、いきなり辞めるのではなく転職エージェントを使ったりするなどして、しっかりと準備をする必要があるのです。

仕事でイライラしてしまうとどうしても感情的になってしまうので、例え辞めるときでも論理的な思考を常日頃から身につけていきましょう。

ひたすら我慢する

仕事でイライラすることをひたすら我慢する行為は、非常に危険な行為なので、十分に注意をしていきましょう。

なぜひたすら我慢するのが危険なのかというと、ストレスを発散する場所がなくなり徐々にあなた自身の体をむしばんでいきます。

ひたすら我慢してストレスをため込んでしまうと、最終的に精神的に病んでしまい、そもそも仕事をすることができなくなってしまうでしょう。

実際に、精神的に病んでしまう人は責任感の強い真面目な方がなりやすいので、ときには我慢せずに上手く発散するべきです。

ストレス社会の昨今仕事のイライラをうまく解消させよう

現代はストレス社会であるで、ありとあらゆるシチュエーションでイライラしてしまうことでしょう。

ですので、イライラを解消する前にどのようにしてストレスをため込まないようにするかを、工夫する必要があるのです。

イライラをため込まないように、ぜひ今回紹介した、相手の発言の受け取り方を変えることを試しに実践してみてください。


こちらもどうぞ

職場での人間関係を改善するには受け取り方と答え方が大切!もう仕事で辛い思いをしなくてもいい

仕事で自由になりたい場合どのような人生を送ればよいのか?

あなたは余計な仕事を断れない人?うつになる前に世渡り上手になろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です