仕事で要領が悪いのは本当にあなたに適した仕事をしていないから?根本から改善していきましょう。

働いていたらどうしても仕事で要領が悪いといわれて怒られることがあるでしょうが、それはあなたが苦手な環境にいる可能性が高いです。よく要領が悪い ことを改善しようと努力をする人が多いですが、逆に長所に変えて働くとよい影響を与えることができます。

要領が悪いのは今あなたが取り組んでいる仕事のせい?

今現在あなたの仕事は、飲食業や事務作業など複数のことを同時進行して働いている環境で、要領が悪いと常日頃からいわれるでしょうか。

たしかに集団で働く環境のなかでは、要領が悪い人と良い人は分かれ能力の差が歴然になっていくので、全員が平等ということは不可能です。

はたして、要領が悪い方はいつまでたっても仕事ができないのでしょうか。

そんなことありません。

要領が悪くても、働き方次第でそのポテンシャルを十分に発揮する方法があり、そのためにはあなた自身どのようなことが苦手なのかを客観的に理解する必要があります。

要領が悪い人の仕事の特徴

視野が狭い


まず要領が悪い方の特徴として、視野が狭いということがあり、仕事でいうと突然の対応が苦手で常に焦ってしまうことがあるでしょう。

例えば、飲食業でいうところ複数組みご来店し、全体的にテーブルを見渡せないで、レスポンスが遅れてしまうことなどです。

このような視野が狭く要領が悪くなってしまうことは、精神的な不安からも引き起こしてしまったりするので、十分に注意してください。

複数のことを同時進行でできない


ほとんどの方は飲食業などでアルバイトをしたときに、団体様がご来店し大量の注文を聞きながら、伝票に入力しなければならない経験があるでしょう。

このような場合は、複数のことを同時進行できないでよく要領が悪いといわれてしまうことが多く、この瞬間は大変苦痛と感じてしまいます。

さらにこちらも緊張や失敗してはいけないという不安から、余計に同時進行ができなくなってしまうことは、よく聞く話です。

上司からの指示通りに動けない

会社などで働いていると、必ず上司から『このようなことをしていてくれ!』など仕事の指示をされるでしょうが、要領が悪いと上司の意図とは違うことをしてしまうことがあります。

とくにブラック企業の上司など、横柄な態度でなにか頼み事をするような方の下で働いていると、よくこのようなミスをしてしまうことでしょう。

さらに上司が怖ければ怖いほど、あなた自身の思考回路がどのようにしたら怒られないかということしか考えられなくなってしまうので、注意してください。

要領が悪いことを長所として仕事をしよう!

ひとつの物事に対して集中力がある


要領が悪いのは、集団生活においてさまざまな弊害を引き起こしますが、やる業種や働き方を変えることによって、逆に長所として活かせることができます。

例えば要領が悪い方は、やるべきことをひとつに絞って集中的に取り組むと大きな成果をもたらしてくれる場合があるのです。

要領が悪い方は一つ一つの作業を丁寧に、納得いくまで取り組まないと気が済まなくなるので、結果仕事が遅くなってしまいます。

しかし、物事を一つに絞って取り組むと、納得いくまで作業し続けるので、完成した商品やサービスのクオリティーが上がることでしょう。

このような要領が悪い方は、物事を一つに絞れるような働き方に変えるべきで、飲食業などの複数のことを同時進行で行う仕事は、あまりおすすめしません。

自分なりのペースで働くようにする

要領が悪い方は他人のペースに合わせることが苦手で、つい職場の上司をイラつかせてしまい、怒られることがあります。

しかし、自分のペースに合わせてマイペースにこなせるような仕事をすると、急に仕事の成果が上がる方もよくいるでしょう。

以前までは、他人ペースに合わせられず、マイペースに働いていると、今では死語である、ゆとり教育といわれることが多いです。

深く考える

要領が悪い方は、『どうして誰でもできるような簡単な仕事ができないんだ。』や『もうこれ以上ミスするわけにはいかない』など、つい深く考えてしまいます。

しかし、この深く考える習慣を『どのようにしたらもっと上手く売り上げに貢献できるようになるだろう』などビジネス面において深く考えるようになるとどんどんアイディアがでてくるでしょう。

このように、深く考える習慣を正しい方向性で使いこなせるようになったら、強い武器となり仕事において一歩リードすることができます。

要領が悪いことを改善するのではなく、活かせるような仕事

技術職

例えば、マッサージ師や整体、美容師などの技術職は要領が悪いという短所を、長所に改善することができるので、おすすめです。

このような技術職は、複数の仕事を広く浅くこなせるような要領のよさではなく、ひとりのお客様に対してじっくりと質の高いサービスを追求する能力が必要になります。

つまり、要領の悪さは全く関係なく、むしろ深く追求すればするほど、よりお客様満足度が向上し売り上げにもつながるのです。

また、ひとつの物事に集中しすぎてしまい、ついほかのことをバランスよく行うことができないような方におすすめの職種といえるでしょう。

そして、マッサージ師や整体などの技術職のよいところは、何歳からでもキャリアの再スタートとして始められることができることです。

もし、ひとつの物事に集中して視野の狭くなるような凝り性の方は、キャリアの再スタートとして技術職を始めてみましょう。

エンジニア

一見エンジニアなどの複雑なコードを駆使した仕事は、要領の悪い人には絶対にできないと、思うでしょうが実はそんなことありません。

実際にADHDなど障害を持っている方が、エンジニアの仕事を始めて人並み以上の収入を得られるような例だってあるのです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

今はADHDなど発達障害の方が工夫して仕事をすれば幸せになれる時代!特徴をプラスに活かそう!

なぜ要領が悪い方が エンジニアの仕事に向いているかというと、働き方次第では自分で考えて制作することができるからです。

要領が悪い方の典型的な例として、仕事場の上司に指示されたときに、頼まれたことの意図を理解できずにミスをしてしまうことでしょう。

つまり、要領が悪い方は他人にいわれたことや、指示されたことをその通りにすることが苦手であるのですが、自分で考えて行動すると案外うまくいくということです。

もし、プログラミングの勉強をしてエンジニアの仕事をしたい方は3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】をチェックしてください。

こちらは3ヵ月でエンジニアの基礎を学べるので、身につけたスキルをすぐにお金に変えることができます。

そして、こちらのスクールでプログラミングの学んだあとは、クラウドソーシングサービスを使って仕事を個人で受注すれば、自分のペースで作業できるので、要領が悪い方におすすめです。



要領が悪いのは工夫しだいで根本から改善できる

要領が悪いと思っている方は、『なんとかしてミスをしないように働かなければ』と考えてしまい、毎日苦しんでしまいます。

しかし、それだったらそもそもの環境を変えてみたら、要領が悪いという短所を長所に変えることができることを今回は紹介していきました。

最後に今度の人生でどのように働くかを決めるのはあなた自身なので、この記事が変わるきっかけとなれば、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です