仕事で体調不良が続くのはメンタルの問題?辞めたいと感じて退職や転職をするときのコツ

あなたも一度は仕事に行きたくないと感じたことがあるでしょうが、その感情が大きくなると体調不良が続いてしまいます。今回は仕事で体調不良が続いて辞めたいと感じたときの退職・転職方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

仕事の体調不良はメンタルが左右される

仕事の体調不良が続くようであれば、メンタルが大きく左右されていき、真面目な方こそ知らず知らずのうちに体をむしばんでいきます。

メンタルが崩れて少しづつ体調が悪くなっていくことが、一番危険なことであり最終的には社会復帰ができなく例もあるのです。

ですので、もし最近仕事中の体調不良が続くようであれば、今一度あなた自身のあらゆる環境を見直していきましょう。

仕事で体調不良になる特徴

職場に近づくと胃がキリキリする


仕事で体調不良になるパターンとしては、職場や嫌な上司に近づくと胃がキリキリし始めて、その環境から離れると急に体調がよくなったりします。

快く思わない職場の上司は、そのような状態を仮病といって、許してくれないような方もいるでしょうが、立派な病気です。

適応障害というものであり、このような状態になったときには、そもそもの職場環境を変えなければなりません。

 

仕事後激しい頭痛を引き起こす

仕事で体調不良が続くような方の大きな特徴としては、仕事後毎回激しい頭痛を引き起こしてしまう場合もあります。

これは、仕事で常に緊迫した状態など強いストレスが続いて、解放されたときに最悪吐き気を催すぐらいの頭痛になる場合もあるので注意していきましょう。

このような状態を当たり前のこととしてとらえて、長く放置してしまうと最終的にうつ病などになってしまうので常に自分自身のメンタルケアは大切です。

休日の朝体が動かない

体調不良が続く方の最も大きな特徴としては、休日の朝体が全く動かなくなってしまうことがあるので、注意していきましょう。

仕事で体調不良が続くようであれば、休日の朝激しい倦怠感があり、最悪寒気を引き起こして起き上がれなくなります。

この状態でやっかいなのは、メンタルの問題なので、普通の病院で診察をしたとしても異常なしといわれて辛さがいつまでも続くでしょう。

ですので、このような場合はそもそもの職場環境を変えて、メンタルを整える必要があるので、不測の事態に備えてしっかりとケアをしてください。

体調不良が続いて仕事を辞めたい場合見直すべきこと

職場環境


体調不良が続くようであれば、まずは職場環境を一度見直していきましょう。

例えば、今現在あなたの職場環境が長時間労働で休みを全く取れないような場所であったとしたら、体調不良を起こすきっかけとなるでしょう。

また労働時間のほかにも、薄暗くて閉めきったようなオフィスで働くことも体調不良が続くかもしれないので注意してください。

職場というのは、閉鎖された空間で同じスタッフと毎日のように顔を合わせなければならないので、人によってはストレスがたまるでしょう。

ですので、このような環境で知らず知らずのうちに蓄積されたストレスを、解消できるような場所も手に入れるとよいです。

人によっては休日スポーツなどの習い事をはじめたら、職場環境のストレスをうまく解消することができ、体調不良が治った方もいます。

人間関係


仕事で体調不良を引き起こしてしまう最も大きな要因として、人間関係があり、これが最もストレスがかかることのひとつです。

例えば、職場の上司のパワハラやモラハラなどを毎日耐えることなどが、人間関係における体調不良を引き起こす大きなきっかけとなるでしょう。

このような場合は、しっかりと転職をする準備をして、さらに次の転職先では同じような被害を合わないように自分自身を見つめなおす必要があります。

もうすでに激しいパワハラを合っている場合は、選択肢としては環境を変えなければなりませんが、次にどのようにしたら人間関係をうまく構築できるかを学ぶ必要があるでしょう。

人間関係をうまく構築する方法に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

職場での人間関係を改善するには受け取り方と答え方が大切!もう仕事で辛い思いをしなくてもいい

仕事内容

仕事で体調不良が続くようであれば、今現在あなた自身が取り組んでいる仕事内容を、今一度見直していきましょう。

やりたくもないような仕事を毎日しているのであれば、職場に行くまでも強いストレスを感じるので、体調不良のきっかけとなります。

ここでひとつ考えてもらいたいのは、あなた自身どのようなことを仕事にしたいのかをライフスタイルから見直すことです。

もしあなた自身どのような働き方や、やりたいことで仕事をすることが幸せなのかが、わからない方はこちらの記事を参考にしてください。

天職の見つけ方とは見つけるものではない、作るものだ!仕事の意味も理解しましょう。

体調不良が続いたら転職・退職の準備をしましょう

いきなり辞めるのはおすすめしない

体調不良が続いて最もやってはいけないことは、感情的になってすぐに辞めてしまうことであり、働きながらしっかりと転職の準備をする必要があります。

もちろん働きながら転職活動をすることは、非常に大変であり、ストレスもたまるでしょうが、一時の辛抱です。

ここで考えてもらいたのが、長い人生の一瞬だけ我慢するのか、長期間体調不良と戦いながら再起不能になるまで同じ場所で働き続けるのかどちらがよいでしょうか。

そして、人生の重大な決断において、ひとりですべて解決していくのは、とても大切であり、誰かの支えが重要です。

そのためにも転職エージェントの担当者と一緒にキャリアを形成するためのサポートをするとよいでしょう。

もし転職エージェントを探しているのであれば、【第二新卒エージェントneo】
がおすすめです。

こちらの転職エージェントは約1万社企業と契約していて、そのすべてが優良企業であるので、非常におすすめです。

さらに体調不良が続くような精神状態でひとりで正しい判断を下すのは非常に難しいので、担当者と一緒に転職を考える必要があります。

 



ずっと我慢して職場に残るのに注意

ここで注意してもらいたいのは、体調不良になるような環境でずっと居続けて、ストレスをため込んだまま慣れてしまうことです。

体調不良と闘いながらずっと我慢すると、いつしか心がぽっきりと折れてしまう瞬間というのが必ず訪れてしまいます。

ひとつだけいえることは、ずっと体調不良を我慢しながら働いて、限界がきて動けなくなってしまったら、会社は簡単に切り捨てます。

まるで、壊れたおもちゃをゴミ箱に入れるように捨てるでしょう。

ですので、仕事での体調不良が続くようであれば、決して我慢せずにやめたいと思ったらしっかりと準備をして退職してから、転職をしてください。

 

仕事で体調不良が続いたら環境を見直そう

今回は仕事で体調不良が続いて、やめたいと感じたときに取り組むべき手段を紹介していきましたので、ぜひ参考にしてください。

仕事での体調不良が続く原因としては、さまざまな要因があり、職場環境や人間関係、仕事内容がきっかけになったります。

そして、あまりにも体調不良が続くような劣悪な環境であれば、転職をして新しいスタートをきるのもよいのです。

もし転職をして体調を整えたいときには、転職エージェントなどを使ってしっかりと準備をしていきましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です