経験者は語る。ワーホリ帰国後の就活はどうすればよいのか?就職に失敗しないで仕事しよう!

ワーホリは、1年という期間海外で生活することで、人生で忘れることのない一生の思い出を作ることができるでしょう。しかし、帰国後は就職や仕事でトラブルを起きてしまうケースがあり、ときには転職を繰り返してしまう方もいます。

誰もが悩む!ワーホリが終わり日本に帰るとき!

ワーホリに住んでいる時期は、非常に楽しいのですが1年という期限つきであるので、もうすぐ帰国しなければならない時期に差し掛かると誰しもが悩むことがあります。

それは、就職です。

日本に帰国後当然仕事を探さなければならないのですが、ワーホリはキャリアとしてカウントしてくれない場所が多いので悩みます。

そして、せっかく英語を身につけたとしても、帰国後に英語を全く使わないような仕事に就くのは勿体ない気がするのです。

なかには、ずっと海外で生活できるように、外国で働ける手段をワーホリ中に見つける方もいるのですが、ほとんどの方は日本に帰ってしまいます。

ですので、ワーホリが終盤に差しかかった方こそ帰国後の就活準備をしっかりとしていきましょう。

 

経験者が語るワーホリ帰国後に待ち受ける悩み

日本で働くことが堅苦しく感じてしまう

まずワーホリが終了し日本に帰国するとき、アルバイトにしろ正社員で契約したとしても、窮屈に感じることでしょう。

海外の方達は、良い意味でも悪い意味でも、おおざっぱでありあまり細かいことは気にしません。

それは仕事においても同様で、時間にルーズだったり作業が少し雑でもあまり怒られなかったり、比較的自由度が高いです。

しかし、日本企業の多くはさまざまなルールに縛られている場所が多く、帰国後はそのギャップに苦しむでしょう。

私も同様にワーホリ終了時に、帰国後とりあえずフリーターとして接客業についていたのですが、そのときの社員やお客様の細かさに対応できなかったときがあります。

 

留学エージェントの就職斡旋サイトにはやりたい仕事が見つからない

ワーホリが終了し日本に帰国後は、当時留学エージェントを利用していたため、就職斡旋サポートがありました。

これは、どの留学エージェントでも帰国後の就職斡旋サポートはついていることでしょう。

しかし、そのサポートとは帰国後の求人サイトに登録できただけで、通知がくる企業は飲食の正社員など英語と全く関係ない場所ばかりでした。

当然、そのサイトから働きたいと思えるような会社は見つからず、一時期は就活に悪戦苦闘する毎日だったことを覚えています。

 

帰国後マルチ商法の誘いが来ることがある

ワーホリが終了して日本に帰国後、最も多かったのがマルチ商法の勧誘が非常に多かったことです。

当時は新しい人と出会うたびに、のちにマルチ商法の勧誘だったと気づくパターンばかりでした。

今考えるとワーホリで1年間生活したという経歴はなかなか特殊であるから、マルチ商法をしている方は魅力的に見えたのでしょう。

もしマルチ商法に関してもっとよく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

マルチ商法は違法で犯罪?現代ではこのビジネスはおすすめしない理由

すぐに仕事を辞めてしまう

ワーホリ帰国後によくあることとして、海外に住んでいたころの価値観がそのまま残っていて、職場の人間と価値観が合わなくなることです。

職場の方とうまくコミュニケーションをとれなくなると、それがトラブルのきっかけとなり、仕事を辞めてしまうことにつながります。

海外で住んでみたらわかるのですが、必ず自己主張を強くしていかないと生きづらい環境なので、その価値観のまま帰国後日本で働くとトラブルのきっかけとなるのです。

もちろん、海外で身につけた価値観というのは、ほかの方には経験できない素晴らしいことなので、そのような場合は感情をうまくコントロールするすべを身につける必要があります。

もし感情をうまくコントロールする方法がわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。

仕事のイライラを解消する前にため込まないようにしよう!ストレスをコントロールしよう!

せっかく覚えた英語が忘れてしまう

ワーホリが終了して日本に帰国後しばらくすると、英語をびっくりすぐらい忘れてしまう場合があるので、注意しましょう。

国際化が進んだといっても、日本はまだまだ英語が日常的に使う必要がある職場というのは、なかなかありません。

もちろん外資系企業なら仕事で英語を日常的に使用しますが、外資は大卒である程度学歴がないと入れないので、皆が就職できるわけではないのです。

仕事ではなかなか英語を使うことができないのであれば、プライベートで外国人の友達を作ったり、英会話カフェに行く必要があるでしょう。

ワーホリ帰国後はどのように就活をすればよいのか?

自分はどのような働き方が理想的なのかを考える


まずはワーホリ帰国後ご自身で、どのような働き方が理想的なのかをより具体的に考えることから始めてください。

例えば、在宅で仕事ができるような働き方や、仕事さえ終わらせてくれれば出社時間を自由にとれるなど、時間から考えてもよいです。

また、「私は体を動かすのが好きだからスポーツ関係の仕事に就きたい」などやりがいから探すのもよいでしょう。

このように、あなた自身は一体に何がやりたいかを明確にしておけば、ワーホリ帰国後でも日本社会に溶け込むことができます。

またやりたいことを明確にするためには、こちらの記事もあわせて参考にしてください。

天職の見つけ方とは見つけるものではない、作るものだ!仕事の意味も理解しましょう。

ここで注意してもらいたいのは、あなた自身どのようなことをしたいかを、帰国後に考えるのではなくワーホリ中に考えてみましょう。

なぜなら人間一度ゆっくりしてしまうと、次に行動するのが遅くなってしまうから、先に考えておく必要があるからです。

ワーホリ帰国後も楽しく就職できるようにしよう!

今回は私自身もワーホリ帰国後に苦労した体験から、このようにキャリアプランを立てればよかったということを紹介していきました。

今現在ワーホリで生活をしている方や、帰国したばかりで就活している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

ワーホリはほかの方ではなかなか体験できない、貴重な体験ですので、近い将来あなた自身の役に立つ日が必ず来ます。

まずは、帰国後に日本と海外のギャップに苦しまないように、あなた自身を見つけていき、やりたいことを具体的にしたあとに、キャリアプランを作っていきましょう。

ワーホリで海外生活をしてきた行動力があれば、きっとうまくいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です