セクハラが会社に横行しているときはどんな方に相談し対応するべきなのか?転職も選択肢として考えよう!

セクハラが横行している会社は、人事などに相談したとしても根本的につながらないことが非常に多いですので、今回は正しい対応策を紹介していきます。なぜセクハラをしてしまうのかというと、相手は冗談のつもりであなたが嫌がっている姿を見るのが好きなだけなのです。

なぜ会社で上司はセクハラをしてしまうのか?

なぜ会社の上司がセクハラをしてしまうのかというと、本人は冗談のつもりでおこなっているだけなので、相手が嫌がっているリアクションを見て楽しんでいるのです。

ですので、目の前のセクハラをどのようにして対応していくのかが大切になり、間違った対応をしてしまうと、余計なトラブルにつながるので注意してください。

今回は会社でセクハラをされたときの正しい対応策と誰に相談するべきなのかを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみましょう。

会社のを防止するため相談・対応策とは?

無関心を徹底する


まずは会社ですぐにセクハラ対策になることのひとつとして、無関心を徹底するということが大切であるので、すぐに実践してみましょう。

相手がセクハラをしたときに、とにかく無表情でいて決して愛想笑いをして誤魔化さないで、ときには無視するぐらいの心構えでいてください。

こうすると会社でセクハラをする方は、面白くなくなり徐々にあなたに対してセクハラをしなくなることでしょう。

その理由としてセクハラをする相手は、本人は相手を喜ばしたり盛り上げようする方向性が、ただ見失っているだけなので、無関心を装ってわからせてあげてください。

人間どのようなリアクションが一番反省するかというと、無関心というのが一番傷つきますし、同時にいけないことをしていると自覚して反省することでしょう。

録音していることをアピールする

相手の感情を読み取ることが苦手な方ももちろん会社内にはいますし、そのような方でセクハラをする方は、無関心を装ってもしつこい場合もあります。

そのような場合は、一言「あなたの発言を今録音しました!」と元気にいってみましょう。

無関心でもしつこくセクハラをする場合録音という手段は、動かない証拠を押さえていることから相手にさらに罪の意識を与えることができます。

そして、録音をしたことを伝えてもひるまないようでしたら、会社外の第三者期間にこの証拠を渡せることができたら、すぐに解決です。

会社外の人間に相談する

もしあなたがセクハラをされたときには、決して会社内の人事に頼ってはいけなく、必ず社外の人間に相談するようにしていきましょう。

社内の人間に相談したとしても、会社ができることとしたら、部署を異動することだけですし、もしそうなったとしてもトラブルがあったという悪い噂がすでに流れてしまいます。

異動した先の初日にすでにトラブルがあって来たということが、伝わっていると慣れない部署と人間関係にさらに悩みの種が増えるだけでしょう。

ですので、第三者機関や転職エージェントなどに、セクハラがひどいということを相談して、新しい会社に転職するという手もあることを忘れないでいてください。

しかし、ここまで問題にするときは、いくら無表情でいて極力無視をしたとしても、相手がしつこかったときの奥の手として考えておきましょう。

セクハラの対応策で注意すること

正面から向かい合って喧嘩する

争いは争いを生むという言葉がありますが、それは仕事においても同じことで、セクハラをされたことで正面から喧嘩するとまた新たな火種を生んでしまいます。

ここで注意してもらいたいのは、セクハラを正面から怒って喧嘩したあと、仲が余計悪くなって、セクハラがパワハラにかわってしますことです。

もしパワハラまで受けてしまった場合は、こちらの記事を参考にして対応しておくとよいでしょう。

パワハラを相談する前に!あらゆる事例からパワハラ度合いをチェックし対応対策をしていこう!

職場のパワハラ上司が嫌で辞めたいと思う前に送る最高の名言!

また正面から向き合って喧嘩するということは、会社組織において結局自分が一番損をしてしまうということも覚えておきましょう。

なぜ正面から喧嘩するのが損をするかというと、それを見ていた職場の周りの仲間があなた自身の印象を悪く見てしまうので、今後仕事を続ける面で損します。

もちろんイライラして怒りたくなる気持ちもよくわかります。

しかし、感情的になって周りが見えなくなると、自然と周りの人間があなたのもとから、去るようになるので、物事をロジカルに考えていきましょう。

セクハラが会社内で起きたらきちんと対応しよう!

もしあなたが働いている会社でセクハラされているのであれば、適切な方に相談をしてから、これは自身で解決できることなのか判断しましょう。

例えば、セクハラをされたときに、無表情で対応して相手が嫌なことをしているという自覚を持ってくれたら、もうされることがなす。

しかし、それでもしつこくセクハラをしてくるようであれば、決して正面から喧嘩をしたり人事に相談して別の部署に異動する前に転職という選択肢も持っておきましょう。

これらのように段階を踏んで対策を練っておくと、セクハラというのは簡単に解決をすることができるので、どのようにしていいかわからないから我慢しなくてもよいのです。

今回は紹介したセクハラの対応策は、明日にでもすぐに実践できることも紹介しているので、ぜひ会社で一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です