転職の不安はうつや人間関係で誰しもが心配になる。うまく転職する方法とは?

転職の不安というのはつきものであり、人によっては環境に順応できなくなり、人間関係が悪くなりうつになってしまう方もいます。今回は転職の不安をいかに軽減させることができるのかを、私自身の体験談をふまえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

転職が突然決まったら、喜びと同時に不安が襲ってきた

まず私が転職を決めた日を振り返ると、前にいた会社の給料明細を見た瞬間絶望的な気持ちになったのが、すべてのはじまりでした。

当時の私の給料は様々な税金が引かれていたこともあったのですが、生活保護の受給額とほぼ同じ金額しかなかった瞬間に転職を決めたのです。

そして、すでに別の会社に就職した友人が転職エージェントを利用したという話を聞いて、私も同じようにエージェントを利用しようとネットで探しました。

当時の私の仕事は専門職だから、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談したら、あっさりと転職先が決まることができたのです。

しかし、決まった瞬間「いつ前の職場を辞められるのか」など、新しい転職先についてろくな説明もなく退職をやたらせかされたので不安になりました。

のちにその転職先がブラック企業だったのは、いうまでもありません。

数々の失敗で学んだ!不安に感じる前に!転職活動をするときにすること

ここからは前の会社の給料が生活保護の受給額と同額しかもらえなくなったことに、絶望して冷静な判断をくだせなかった今だからわかる転職先での人間関係やうつの不安を軽減させる方法を紹介してきます。

不安要素を紙に全て書く


今だからわかることとしては、当時は転職するのをとにかくせかされたので、怪しいと思って不安を感じたのですが、考えている暇がありませんでした。

絶望的な給料の低さと、退職を急がされていたことから、冷静になれないで不安要素だけ解消されないまま転職してしまったことが悪かったのです。

ですのでシンプルな話なのですが、その時点でわかる不安要素をすべて紙に書いて目に見えるように判断するともっと早く気づけたことでしょう。

これは、今この記事の著者である私が現在していることですが、不安要素を紙に書いてすぐに変えられることはすぐに変えて、自分ではどうしようもできないことを誰かに相談します。

これは、転職活動においても使えることなので、もし今現在転職活動をしていて不安な方は不安要素を紙に書いて実践してください。

実践してみるとわかるのですが、転職活動において不安なことが紙に書いてみたら、意外と小さい悩みだったということもよくあります。

また、不安要素を紙に書いてみたら、あきらかに今進もうとしている道は怪しいから、方向転換をして正しい選択をできる場合もあるので、騙されたと思ってやってみてください。

転職の不安があったのは適当なエージェントを選んでしまったから

極論をいうと、転職の不安があったのは適当な転職エージェントを選んだことで、サポートをろくに受けられなかったことが一番でした。

今調べてみると、転職エージェント会社というのは星の数ほどあり、調べてみたらそれぞれに特徴があったり、評判もピンキリです。

調べれば調べるほど、あの時もっと転職エージェントを調べておけばよかったと、今でも深く後悔していますので、みなさんはしっかりとチェックしてください。

もうひとつは学歴がある方でしたら、大企業ばかり求人にだしている転職エージェントを利用すればよいのですが、高卒でフリーター歴が長かった私は逆に視野を狭めていたのです。

視野を狭めていたことからただ単に高卒や第二新卒でハードルが低いような求人を募集しているような、転職エージェントを適当に選んでしまったことがあります。

しかし、今だからわかるのですが慢性的な人手不足な現代は、しっかりと探せば高卒や第二新卒、フリーターでも優良企業に転職できるエージェントもあるのです。

 

今だからわかるおすすめの転職エージェント

焦ってブラック企業に転職してしまった私が今調べてみて、「あのときここの転職エージェントを使えばよかった~」と思った転職エージェントはフリーターからの転職なら【キャリアスタート】です。

当時ろくにキャリアコンサルタントに転職するための準備をすることなく、ただ紹介してもらっただけだったので、ハローワークと変わらない感じでした。

しかし、こちらはキャリアコンサルタントが転職するための準備を万全とバックアップしていることに定評もあり、実績も出しています。

なぜならキャリアスタートのキャリアコンサルタントは、リクルート社最大手リクナビが主催している個人部門で多くの方が上位入賞しているからです。

そこまで目に見えた実績を残しているキャリアコンサルタントに転職の不安を相談できたら、解決してくれると思いませんか。



あなたの強みを一緒に見つけてくれる

 

キャリアスタートは、完全にマンツーマンで対応していることから、あなた自身の強みを一緒に見つけてくれることにも定評があります。

強みがあるということは、転職活動のほかにも人生において大きな自信になりますし、不安を簡単に解消させてくれるための大きな要素になるでしょう。

「私なんて強みはないよ」と思う方がほとんどでしょうが、あなた自身が気づかないことを客観的にみたらわかることだってあるのです。

その強みを客観的に見てもらうために、マンツーマンで対応することが大切といえるでしょう。

失敗した今だからわかる!転職先で人間関係やうつの不安を軽減させるには?

転職活動の不安ももちろんありますが、本当に大切なのは新しい転職先でどのようにして働くかが大切です。

新しい転職先でどのような心構えで働くかのビジョンを明確にするだけで不安は解消されるでしょう。

今回は私が転職活動に失敗したときの反省点をふまえて紹介していきます。

とりあえず3カ月我慢しよう!

最初は右も左もわからない未経験だと、仕事に慣れるのに平均的に3カ月かかるといわれています。

どのような方でも、新しい環境での3カ月間は非常にストレスがかかる環境であるので、そこまでは慣れるのに徹してみましょう。

新入社員で辞めたい方は3カ月前までが勝負!楽しく仕事をする方法

しかし、私は当時新しい転職先を3カ月で辞めました。

なぜなら、3カ月あればその会社があきらかにブラック企業かどうかを判断するためには、十分見定めることができるからです。

またどのような会社がブラック企業なのかわからない方はこちらの記事を参考にしてください。

ブラック企業の定義と特徴とは?私が会社をやめたいと思ったときに行った対処法!

そう!3カ月我慢して新しい転職先を客観的に判断してみましょう!

 

会話のテクニックを覚える

人によっては、新しい転職先での人間関係で不安になってしまう方も非常に多いでしょう。

当時世間知らずだった私は、会社で生きる上の会話のテクニックを身につけないまま転職してしまいました。

当然当時の会社でかっこうの標的とされ、仕事ができないダメな奴と判断されて大変だったので、頭の良い方は新しい会社に就職する前からそのような不足の事態を予測できるでしょう。

また、会話のテクニックを身につけるためには、こちらの記事を参考にしてください。

職場での人間関係を改善するには受け取り方と答え方が大切!もう仕事で辛い思いをしなくてもいい

 

自分の性格を偽らないでうまく相手に伝える

新しい会社に転職しようとするときには、あなた自身変な奴と見られないかどうか不安になるでしょう。

しかし、少しでもよく見られようと猫かぶって自分自身を偽るのは、就職後ストレスが非常に溜まってしまいますし、必ず限界がきます。

ですので、自分自身をさらけだして、人間関係を円滑に対応するようにおこなうテクニックを身につける必要があります。

私の失敗から学んで転職の不安を解消させよう!

転職の不安は正しい手段を踏むことができれば、簡単に解消されることができるので、私が失敗して導き出した反省点をぜひ参考にしてください。

また転職したあとも人間関係が円滑にできるようなテクニックを、転職活動中に身につけていくことも不安を少しでも軽減させる要素にもなるのです。

ぜひ、不安を軽減させるテクニックを身につけて、最高の企業に就職できるようになりましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です