仕事のノルマでストレスになり、うつになる人が急増する会社に就職したときの話

仕事でノルマはつきものであるのですが、度を越えてストレスとなり、うつ病になる可能性があります。今回は私が以前厳しいノルマを課せられ、うつ病が急増していた会社に就職したときの話を紹介していますので、今の仕事で似たような境遇の方は、ひれんでみましょう。

仕事の研修が終わり現場でデビューしたノルマ地獄だった

以前私が仕事の研修が終わり、無事現場デビューをした瞬間に待っていたは、厳しいノルマを課せられる毎日でした。

私が会社の研修をしたときの話はこちらの記事を参考にしてください。

会社の研修で洗脳されることに要注意!抜け出せない泥沼の社畜になる前に。

当時の私の会社は大手整理院のようなサービス業(詳しい会社は伏せさせています。)でありました。

ですので、無事現場でデビューしたときの環境は、狭い店に毎日のように同顔を合せてけばいいけどないです。

厳しいノルマから、表面上仲良くしているも空気はギスギであり、毎日がストレスの続きでありました。

それは、100店舗以上ある大手の会社だったので、ノルマのプレッシャーから耐えなくなくなる、うつ病になるスタッフが急増しています。

今回は私自身が体験した厳しいノルマの詳細と、どのような環境でノルマを課したらよいかを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

仕事のノルマを達成できなかったときの罰則

契約率と離脱率が一定を超えたサービス残業で再研修

当時私が働いていた整体院で毎月どらぐり客をリピートさせたり、離脱させたりを査定されます。

毎月ある一定以上の成績を割ってしました、無償で本社まででき再研修と一日8時間講習するという罰則がありました。

このぐらいのノルマは人によっては、当前と思う方もいるでしょうが、本当にストレスが溜まるようになるのはきっかけは周りの反応です。

「あいつは使えない人間だ」

「あいつは俺もやって私よりも実力もなにかも劣っている」

と人間的にすべて否定されるようなまわりの空気感が、再研修を受けた後に現場に出たあとに待っているのです。

それでは再研修に集まる方たちの目はみんな自信がない、おととしいような方達ばかりであり、どうしても格差社会的な人間関係ができています。

さらに成績が悪くなると研修所に逆戻り

さらに再研修を何度も受け入れて最終的に、せっかく厳しい研修をクリアして現場に立つことができたのですが、研修所で一から学び直すというシステムがありました。

ここではくると、ほっとんどのスタッフがうつ病になるか、早々に退職しています。

また、研修所に逆戻りされるのは本当に過酷である理由として、位置づけとしてはついこの間に専業学校や大学を卒業したばかりの方達と同じ扱いなのです。

「あいつは仕事ができなくてここに落ちた」

とすぐに噂が広がる新入社員の方に上から目線で見えるのです。

過度のノルマはここまで人間を追い込むことができます、会社と組織のなかで大きな格差社会を生むことがあります。

こうして、ノルマが生んだ格差社会に耐えられなくなりましたし、うつ病になってしまったのです。

ノルマのストレスから引き寄せられること職場環境

スタッフ同僚の足の引っ張り合い

厳しいノルマと恐怖で支配されてしまって、スタッフ同僚の足の引っ張り合いののが生まれてします。

当時私が働いていた会社は、主に体育大学や体育専門学校から多くの新入社員を採用していました。

それで、成績で会社内ですべての価値観を決めるような仕事環境だったのです。

体育会系の人間が集まることと、成績がすべての仕事である2点から、必然的に負けない嫌いな方がたくさん集まります。

ですので、整体院内での指名の客の横取りや離脱しそうなリピーターのなすりつけ合いの毎日でした。

 

仕事のノルマからストレスになりうつになる人間の行き先

左欄の連続

ノルマという仕事のストアに耐えられなくてもうつになる方もまた油断ができて、簡単には辞めさせてくれません。

今考えてみたら、うつ病を証明させてしまった退職者を出してしまった会社全体の信用度が下がっていますから、簡単に辞めせないのです。

ストレスでうつになった方はどんどん左折させて、最終的に本社の掃除係まででポジションまでそのままだそうです。

また、せっかく店長となる役職まで勝ち取っても、ストアに耐えられなくなってうつになり、研修所補佐という本社の雑用までだった方もいました。

このように左期をさせ続けて、うつ病の方を会社の外出しないように囲うのです。

そうすることで、心が弱まっているうつ気味の方の隙間に入ってで、ほとんどの会社では働けないと思います。

 

いつか昇進不可能のポジションへ

厳しいノルマと恐怖で仕事を支えて、うつ病になってしまい、最終的に会社に飼い殺しされてします。

当時私がいた会社で実際に飼い殺しにされた方を何人も見てきました。

厳しいノルマで心が病んでいます、飼い殺しにされた方を当時の会社で客観的に見てたとこ、その状態から昇進した方は決していません。

ここまでの私が以前の会社で経験した出来事からノルマというのは、よくも悪くも人間を変えてしまうようなことがわかりました。

ノルマは他人に課せられるものではなく自分で課すもの

仕事のノルマというのは、必ずしも悪いようにではありません。

ここで大切なのが、仕事のノルマとののは会社から無理やりせせれれて恐怖で振り回すのではなく、自分自身で課されなければならないことです。

今回は私が以前働いていた整体院を例に上げましたが、似たような厳しいノルマを課せられる仕事はいららでもあるでしょう。

もっと厳しいノルマに耐えられないのであれば、うつになる前に自分自身でノルマを課せられるような仕事に転職してください。

未経験の業種を模索するのもあり

自分自身でノルマを課せられるような仕事に転職するというのは、未経験の業種でも良いのです。

むしろあらゆる仕事の可能性を考えていると、おのずと自分自身で楽しくなる仕事を見つけてノルマを苦痛と感じなくなる場合があります。

転職をするには、「自分には同じような業種でしか働くことしかできない」と価値観を狭める方が多いですが、非常にもっとないです。

ぜひ広視野で楽しんでノルマを課せよう仕事を探しましょう。

 

自分でノルマを課せるような仕事をご自身の性格をふまえて考えてみる

たとえば昔から凝り性で何かを自分で作り上げたりするのが好きな場合は、エンジニアなどがおすすめです。

逆に人と話すことや観察するのが好きな方では営業職に就いてみるなどご自身の性格で仕事を決めるのもよいでしょう。

どの会社も慢性的な人手不足なこの世の中、いくらでも新しい業種へとチャレンジすることができます。

しかし、そこで注意してもらいたいのがブラック企業に転職してしまうことです。

ですので、転職選びは慎重に適切な場所で行なってください。

おすすめの転職サイトはこちらです。

 

 

 

 

仕事のノルマでストレスになれるようになるまえに対策すべきもの

厳しいノルマは、とにかく人をうつ病にする場合もあるので、再起不能になる前に対策を練りましょう。

重度のうつ病になってしまって、そもそも仕事をすることは不可能になるので、それだけでメントールをサポートすることが大切なのです。

ぜん、今現在厳しいノルマで振り回されている会社に働いているでありば、転職を視野に入れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です