うつ気味になり新人から社内ニートになって転職するまでの体験談

私が新人にも関して辞める直前内ニートになったときの話をしています。うつ気味になる、やれる仕事がなくなる社内ニートになるのです。今回私自身が社内ニートになっていた転職をしたときの体験談を紹介します。

私がうつ気味になり社内ニートになるまでの経緯

これまで私はブラック企業に就職して、入社3月には適切な障害になって辞めました。

また適切な障害に関してはこちらの記事を参考にしてください。

私が仕事で適切な障害になって休職したからの体験談。転職をするための参考に

さらに、辞める直前には軽いうつ気味の症状も患ってた、やれる仕事がなく社内ニートとなっていました。

社内ニートは悪だと感じる方がいると思いますが、決してそんなことありません。

実際に体験してみるとわかるのですが、本当になにせばいいかわからないのです。

社内ニートになってしまいますが、上司はろくに仕事を教えてくれません。

教えてくれないでも関わらず「仕事をしろ」とのことですが、全然未経験の業種だとわかるはずみません。

最終的に掃除や洗濯、買い出しなどの雑用ではなくなるほどで​​す。

こうして社内ニートが生まれてしまいます。

新人から社内ニートになり取り組んだこと

私が新人にも関わった社内ニートになったとき、最初にはったのは将来の漠然とした不安です。

「こんな体が壊れている、飼い殺されされてしまったのか」

「俺はどこの会社に転職しても同じようになってしまったのか」

「俺の人生ろくなことでなかったな」

と感覚がつねに頭のなかで駆け巡っていました。

そんななか私がこれの不安を力に変えて取り組んだことを紹介していきます。

自分の性格を見つめてください

社内ニートになった私が、まったく取り組んだことは自分自身の性格を見出したことです。

小学生のときからなどのようなことで腹を立てていたか、などのような環境だと楽しい人生を過ごすことができたのかなど振り返ってみました。

このように幼少期から成人して働いてたことで自分自身を振り返ってみると、いろいろなことがわかります。

例えば私のケースだと、「他人から指摘されたするとストレスを感じてしまった」

なにかったりするので、おのずとと「自分自身で考えて行動できるような仕事が向いている」と導き出されたのです。

そもそも私が社内ニートになったのもブラック企業に就職して、24時間行動を監視されて軽いうつ気味になって、仕事ができなくなったのでした。

そのときの様子はこちらの記事を参考にしてください。

ブラック企業の定義と特徴とは私が会社をやめたいと思ったときに行った対処

これは、あくまで私個人の性格から導きだした答えで、どのような働き方が向いているかは人それぞれであります。

逆算して考えてみる

社内ニートになります生活していると、いつもの不安が頭をよぎります。

普通人は、将来が不安だからたくさん仕事をして、その気持ちを解消しています。

しかし、社内ニートは働きたくてもやれる仕事がないので、それができません。

だからこそ、定年退職するまでの人生を逆算して考えてみましょう。

逆算して考えてみたら、このまま社内ニートでも良いと思う方はいえません。

紙に書く

定年退職したまでを振り返ってみたら、次にやることはそれをできるだけ細かく紙に書くだすことです。

紙に書くことで、よりリアリズムにイメージすることができ、行動に移しやすそうです。

もし紙に書きました、ほんとうの方は社内ニートの職場から転職することを考える、しょう。

紙に書いて論的にイメージすることができれば、ただ漠然と転職をしても同じことをくり返すリクスを軽くさせることができます。

私が実践した社内ニートから転職するときの準備

正直社内ニートで悩んでいたら、そのまま居座っても昇進も何もないので、退屈な日々から脱落することができません。

だからこそ、社内ニートを脱却する方法は、やりがいのある仕事に転職する必要があります。

ここからは、社内ニートから転職するまでの準備を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

社内ニート特有の武器を利用する

社内ニートはほかの方にはない最大の武器があります。

その最大の武器とは、ずばり「時間」です。

当然で毎日忙しく働いている方より、考えられる時間がいっぱいでもあるので、将来を考えて計画を立てることができます。

実際に私も「二度と同じそれをくり返したくない。」と危機感から、辞めて転職するまでの道筋をずっと計画してみました。

それのために自分が本当にやりたいことをすべて考えてみて、それを実現するためには、どんなものに働けばよいのの道筋を考えます。

このように時間があるばあるほど、冷静になって考えられることができるので、忙しい人と比べるととなりのです。

社内ニート特有の時間をうまく有効活用しましょう。

徹底的に調べる

社内ニート特有の時間と武器をつかって次にやりたいことを、考えてみたらあとは徹底的に調べましょう。

私の場合は、なるべく自由に働きたいと思うものをテーマにも個人業務主体や業務委託で働く場所をネットで探せ続けました。

探せば探せほどまでに、思いつきもなくなった働き方があり、今では社内ニートとは正反対の生活を送って充実しています。

これはあくまで私の例なので、決まって同じことをしなくてもよかったです。

このように世の中にはたくさんの働き方があるので、あなたに合った仕事は、必ずあることで。

もちゃん社内ニートでやることがなかった、徹底的にネットで調べる時間はいやらでもあります。

この時に、調べべばんべるほど、わくわくするような感覚になると理想的です。

辞めた後すぐに行動に移す

社内ニートが生まれる職場は、意外とすぐに辞めることが簡単であるのですが、大切なのはそのあとです。

辞めたあと、「人生の夏休み」と思ってゆっくりしないで、すぐに行動に移しましょう。

せっかく社内ニート時代に、辞めたあとの計画を立てたものに、ゆっくりしてしまって、次に行動に移せなくなってしまった場合があるからです。

それだけ人は怠ける生き物であるので、めんどくさいくらいってせっかく立てた計画を台無しにする前に、動かし続けます。

社内ニートの武器をうまく活用して転職しよう!

社内ニート最大の武器である時間をうまく活用するだろう、将来的にも成功することができます。

たくさんある時間のなかで、より明らかに計画を立てて、徹底的に調べて、すぐに実行する。

このように順序を踏めば、社内ニートからうまく脱落して充実した毎日を送ることができます。

人間退屈というものが、一番のストレスであり、自分自身の存在価値がないと感じてします。

ですので、社内ニートでうつ気味になってダメになる前に行動に移しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です