職場でのいじめは誰も助けてくれない。ひとりで解決するための対策対処

職場でのいじめは、学校とは違い上司などに相談したとしても根本的な解決にいたるまでには難しく、自分で解決しなければなりません。今回はひとりでいじめを解決するための対策法と対処法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

職場では学校ではないのでいじめを誰も助けてはくれない

職場では学校とは違いいじめられたとしても、誰も助けてくれない厳しい世界であるので、しっかり対策法や対処法を立てる必要があります。

職場でいじめられる原因は、学校とは違い理由がシンプルであるので、どのように対処すればよいのか簡単です。

また、すでに職場でハードないじめにあっている場合は、その環境に留まるのではなく、別の対処法をとる必要があります。

今回はあらゆるシチュエーションで、職場でいじめられたときの対策を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

職場でのいじめが発生してしまう原因

仕事の要領が悪いから


まずなぜ大人達が集まっている職場でいじめというのが、発生してしまうのか原因を深く理解する必要があるでしょう。

学生時代のいじめというのは、理由なんてなくなんとなくいじめられてしまうことでしょうが、ある程度理性がある大人は違います。

例えば、職場などでは仕事の要領が悪いことがきっかけで、いじめられてしまうケースが非常に多いので注意が必要です。

さらに仕事ができないことでのいじめで厄介な点としては、まわりの人間に伝染してしまい、味方がいなくなってしまうことでしょう。

仕事でミスばかりしてしまうと、いじめの当事者は『まったく、あいつの尻ぬぐいをするのは大変だよ。』などいって周りの人間を味方につけます。

そうすると、いじめられたときに完全に孤立してしまい、誰にも相談できずに、ただ我慢する日々を送ることになるでしょう。

仕事で要領が悪いのは本当にあなたに適した仕事をしていないから?根本から改善していきましょう。

行動発言が気に入られないから

職場でいじめが発生してしまう原因としては、仕事中で鼻につくような発言や行動をしてしまうことで、引き起こしてしまう場合があります。

これは体育会系の職場によくあることで、これまでの学生ノリが消えないまま、会話してしまうと鼻につくような発言をしてしまうでしょう。

そして、そのままいじめられてしまう末路は、感情を出さないでひたすら無表情になってしまいロボットのように生活してしまうのです。

このように職場では、ちょっとした発言や行動で気に入られないと、いじめに発展してしまうので十分に注意してください。

職場でのいじめを未然に防ぐ対処法

今現在職場でいじめられてはいないけど、これから注意していきたい方や、転職をして新しい環境でいじめられないか不安な方は、未然に防ぐ対処法を覚えましょう。

WIN WINになれるような提案を意識する

まず職場でのいじめを未然に防ぐようにするためには、お互いWIN WINになれるような提案をすることをおすすめします。

職場でいじめられてしまうと、仕事中に無茶な量の頼み事をされてしまうことが、典型的な例でありつねに引き受けていたら、さらに悪化してしまいます。

ですので、お互いWIN WINになれるような提案をしていくと自分も相手も気持ちよく働けることができるでしょう。

もしお互いWIN WINになれるような提案というのを詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

職場での人間関係を改善するには受け取り方と答え方が大切!もう仕事で辛い思いをしなくてもいい

感情的にならない

職場でいじめを未然に防ぐためには、感情的にならずにつねに物事をロジカルに考えて常日頃行動する必要があります。

職場で感情的になってしまうと、まわりの人間から白い目で見られてしまい。いじめを引き起こしてしまう可能性が十分にあるでしょう。

もちろん、毎日のように長い時間同じ空間で同じ人間と働いていたら、イライラもするでしょうし、感情的なったりもします。

しかし、社会人のスキルとして物事をロジカルに考えることが、必要不可欠なスキルであると同時にいじめを未然に防ぐきっかけとなるでしょう。

得意な分野の仕事につく

そもそも職場でいじめられてしまうのは、環境が悪い場合があり、その場から離れて違う職種で働いてみると解決することがあります。

人間には向き不向きがあり、苦手な仕事についてしまうと、どうしてもほかの職場仲間より能力の差が出てしまうでしょう。

この能力の差が仕事ができない人間と認定されてしまい、職場でのいじめに発展してしまうので、今一度今あなたが取り組んでいる働き方を見直していきましょう。

またあなたにとってどのような仕事が向いているのか向いていないのかを、判断するためにはこちらの記事も参考にしてください。

要領が悪いのは本当にあなたに適した仕事をしていないから?根本から改善していきましょう

すでに職場でいじめが発生したときの対策

ここからはすでに職場でいじめられている方に対しての対策を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ転職する

すでに職場でハードないじめにあっている場合は、今すぐ転職をして環境をそもそも変えて、同じミスをくり返さないようにすることです。

仕事で学校と違ってよい面としては、いじめられてしまって気に入られなかったら、本来辞めてもよいということでしょう。

従業員はあくまでも、お金をもらって契約している会社のお客様であるので、辞めるのも残るのもすべては自由なのです。

録音する

しかし、職場のいじめで注意してもらいたいのは簡単に辞めさせてくれないことですので、そのためには録音が良い手をいえるでしょう。

ここで注意してもらいたいのは、この音声をきっかけに裁判や慰謝料として訴えて同じ職場に残ったとしても、働きずらいので辞めるときの資料ぐらいがちょうどいいです。

これまでのいじめ発言を音として記録に残して、辞めるときに会社に提出すると、よい資料となりますのでおすすめです。

録音はそれだけ証拠をとるために効果的であり、いじめが横行している職場では、必要不可欠な物資といえることでしょう。

最悪映像に残す

しかし、昨今では音声だけでは『悪い部分だけ切り取って証拠として出している』と言い訳をする方もいます。

そのような場合は、映像に残して完全に言い訳できないぐらい、決定的な証拠を作ることをおすすめします。

近年はどこの職場も人手不足なため、どこの仕事でも辞めようとしたら、止められてしまうことが多いので、 いじめられている証拠をしっかりとつかみましょう。

社会人になったら職場でのいじめも自己責任

社会人となったのであれば、すべて自己責任であるので、職場でのいじめを適切な対処をして解決していきましょう。

そして、職場ですでにハードないじめにあっていたとしたら、同じ会社で残ったとしたら遺恨が残り働きづらくなります。

ですので、ときには転職という手段も選択肢として入れて、新しい環境で楽しく働けるようなスキルを身につけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です