看護師の仕事を人間関係などを理由に辞めたい方は固定観念が邪魔してる?

看護師の方が仕事を辞めたいと思う理由とは、主に人間関係や患者さんの生死に関わることなどから感じてしまいます。今回は看護師が仕事を辞めたいと思ってしまう具体的な瞬間から、どのようにして転職をするべきなのかを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

看護師の生活リズムから人間関係でトラブルに?

看護師さんは狭い空間で患者さんの容態を第一に考えながら、つねにコミュニケーションをとる必要があります。

さらに、病院によっては夜勤で働かなければならない場所があったりして、生活リズムの整いづらいでしょう。

これらの理由から人間関係で大きなストレスを引き起こしてしまい。辞めたいと感じる方が非常に多いのが現状です。

看護師の仕事を辞めたいと思ってしまう理由

人間の生死をまじかに見てしまう


まず看護師さんは病院によっては、人間の生死がかかった瞬間を目の当たりにしてしまうことから、心にかかる重圧は非常に強いです。

なかには、この重圧に耐えられなくなってしまい、看護師の仕事を辞めたいと感じてしまう方も多いでしょう。

このような理由でストレスが溜まってしまうなかで、ずっと我慢してしまうのもうつ病を引き起こすきっかけとなるので、心のケアが非常に重要になっていきます。

最悪の事態になるまえに、しっかりと心のケアをして看護師の仕事をまずは、全うできるようにしましょう。

生活リズムの不安定さ


とくに総合病院などの夜勤が多い職場だと、看護師さんにかかる心の負担は、非常に強いので十分に注意が必要です。

生活リズムを整えることは、自律神経が乱れないようにケアすること重大な役割を担っているので、規則正しく働くだけでもストレスを軽減されます。

もし看護師の仕事で夜勤が耐えられないようであれば、規則正しく働けるような環境を整えることをおすすめします。

女性が多い環境

女性が多い環境というのも実は人間関係がこじれる原因となり、看護師の仕事を辞めたいと感じてしまうきっかけとなってしまいます。

女性だけの職場だと表面上では、仲良くしていても、上司に隠れてミスを報告したり、悪口をいっている方も多いです。

ですので、陰でなにをいわれているかわからないという緊張感から、ストレスがたまり看護師の仕事を辞めたいと感じる人も多いでしょう。

人間関係というのは、ストレスが最もたまる原因となるので、ただでさえ不規則な生活リズムである看護師では職場環境が大切です。

看護師を辞めたい気持ちに我慢することの末路

うつ病になり退職する


看護師の仕事はうつ病になってしまう方も非常に多いので、体の不調が続くようであれば、一度気にしてみましょう。

うつ病というのは、本人ではなかなか気づきずらい病気であるので、ふと思い当たる節があれば、今すぐ心療内科にいってみてください。

とくに看護師の仕事は、人の生死がかかっている現場や、夜勤で働かなければならない環境から、知らず知らずのうちに体をむしばんでいきうつ病になる可能性も高いです。

ここで大切なのは、決して日々の業務で体がつらいことが当たり前と思い、働き続けるのではなく、休むことも大切ということを覚えておきましょう。

ストレスを間違った方向に発散してしまう

うつ病を引き起こして退職したり、今現在心が病んでしまっている看護師さんは、ストレスを間違った方向で発散している方が多いです。

例えば、休みの日に衝動買いをしてストレスを発散してしまい借金をしてしまうことや、夜遊びをしすぎて体を壊してしまう看護師などでしょう。

そもそもストレスというのは、根本の部分をはっきりと理解し、どのように向き合っていくかを考える必要があります。

ですので、無理に買い物をしたり、夜お酒を飲んで発散する行為だけに頼ってしまうのは、間違った発散方法なのです。

もし、看護師という仕事自体がストレスの根源であれば、転職をして環境を整えていくことが大切といえるでしょう。

看護師の仕事を辞めたいと思い転職するのに邪魔するのは固定観念

私には看護師以外の仕事はできないと思ってしまう


どんな理由であれ、看護師の仕事を辞めたいと感じたときには、まず固定観念を捨てることから始めましょう。

とくに看護師などの専門職では、どうしても『私はこの仕事しか知らないから今さら新しい仕事はできない』と思ってしまう方が多いです。

しかし、この考え方は間違っており、みずからの可能性を大きく狭めている行為といえるので、今すぐそのような思考は変えましょう。

まずは、あなた自身の本当にやりたいことをなんでもいいので、リストアップしていきそのなかから挑戦したいことを選んでください。(やりたいことが看護師の仕事でもよいのです。)

やりたいことを見つけ方をもっと具体的に知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

天職の見つけ方とは見つけるものではない、作るものだ!仕事の意味も理解しましょう。

本当に看護師の仕事が好きなら職場環境を変えてみる

今の職場の人間関係がどうしても嫌で辞めたいけど、看護師としての情熱を決して失っていない方は、職場環境を変えるべきです。

せっかく看護師という仕事に憧れて、専門学校で学んで国家資格までとったのに、人間関係のいざこざで嫌になるのは非常にもったいないです。

さらに、憧れの看護師の仕事で激務や重労働で、体を壊してしまうことほど、酷な話はないでしょう。

もし看護師の情熱を失っていないが辞めたい方は無料登録1分で完了!転職支援サービス『看護師WORK』で転職先を探してください。

こちらは看護師さんに特化した転職エージェントであり、事前にどのような環境や人間関係で働きたいのか事前にお伝えして仲介してくれます。

ひとりで悩んで転職をするよりは、誰かのサポートを受けて仕事を探したほうが、また同じ失敗を繰り返して看護師の仕事を嫌いにならないですむでしょう。



看護師はストレスがたまる仕事、だからこそ環境整備をしよう!

看護師さんの仕事はストレスが多いため様々な理由から、辞めたいと感じてしまい、次のキャリアに悩み苦しむでしょう。

しかし、看護師の仕事に情熱を持っているのかや、違う仕事にもチャレンジしてみたいなど、それぞれの思いはひとりひとり違います。

看護師の仕事を辞めたいと思ったときこそ、自分自身一体なにを生きがいに生きているのかを見直していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です